内ももを強くするアクシスメソッド

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 31

今回は内ももの筋力を強くするアクシスメソッドを行ってみました!

登場人物は僕の祖母です(笑)

そんな高齢者の女性がどれほどの変化を

遂げたのか?を是非ご覧ください。

 

 

いかがですか?ちなみに僕の祖母は88歳です。

今年で89歳になりますが、とてもそんな風には

見えないと思います。

 

近所でも元気なおばあちゃんとして有名ですが

どうしたって筋力は衰えてしまいます。

これはどんなに超人と言われる人たちでも共通

して言えることなので仕方ありません。

 

でも、アクシスメソッドを行ったあとはかなり

内ももの力が強くなりましたよね?

 

これの何がすごいのか?というとですね。

あなたも試しに内ももの検査を誰かにやって

もらえれば分かると思いますが、意外と耐えるのが

難しいんですよね(⌒-⌒; )

 

これはどんなに若い人でも同じような感想を

もらいますが、内ももを意識して力を入れるのは

かなり難しいんです。

 

それがアクシスメソッドを行うことによって

力を意識的に入れることができるんです!

 

内ももを強くするメリットはいろいろあります。

例えば・・・

 

・歩くときに体が安定する

・中長期的にみるとO脚の防止になる

・バッティングが安定する

・ゴルフのパットが安定する

・膝痛の予防につながる

 

こういったメリットがあります。

多くの方が内ももを意識していないために

歩き方が外側重心になってしまい、そのせいで

いたるところに痛みを引き起こしてしまいます。

 

つまるところ、重心さえ安定することができれば

痛みを起こすリスクも減りますし、競技力が向上

していきます。

 

その重心を安定させるには体幹や内ももなどの

筋力が非常に大切になってきます。

 

膝が痛いと仰る高齢の方がいらっしゃいますよね?

あれは軟骨成分が痛みを引き起こしているのではなく

筋肉が原因で痛みを引き起こしているのです。

 

その最たる筋力が内ももなんです。

 

ですのでこの動画を見てあなたに感じて欲しいのは

88歳の高齢者の女性がここまで筋力が強くなるなら

自分ならもっと強くなれて健康的になれるんじゃないか?

ということです。

 

どう少なく見積もっても88歳よりも上の方がこの

ブログを読んでいることはまずないと思います(笑)

 

ということは若ければ若いほど筋力というのは

あっという間に強くなれます。

 

なので希望を持って欲しいという願いでこの動画を

あげさせてもらいました。

 

もし、アクシスメソッドについて知りたい方は

アクシスメソッドの協会に直接ご連絡していただくか

当院のアクシスメソッドの項目をお読みください。

 

そこで何か疑問が生まれればしっかりと対応させて

いただきますのでお問い合わせよりお気軽に

ご連絡下さい(^ ^)

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。