「テニスのショットが力強くなった!」という40代男性のクライアントさんからの報告

「テニスのショットが力強くなった!」という40代男性のクライアントさんからの報告
Pocket

この記事の所要時間: 356

「以前よりも明らかにショットが力強くなったんですよ!」

 

先日、アクシスメソッドを受けているクライアントさんから、嬉しいご報告をいただけました!

 

アクシスメソッドは本当に効果があるのか?と、気になっている方は目を通してみてください(^ ^)

 

「テニスのショットが力強くなった!」という40代男性のクライアントさんからの報告

このクライアントさん(以下、Kさん)は、テニスをやる時に手打ちになってしまうことにお悩みでした。

 

どんなスポーツでもそうですが、手打ちや手だけを使って行ってしまうショットやテクニックは、あまり良いとは言えません。

 

理由としては、単純に威力が弱くなることが先に挙げられます。

 

下半身の力が上手に上半身に伝わることで、爆発的な力を生み出すことが出来ます。ですが、手打ちの場合はほとんどが上半身だけの力になります。

 

これでは威力が落ちてしまうのも、何となくお分かりいだけると思います。

 

もう1つは、ケガをしやすくなることも考えられます。

 

特にテニスでは肩や肘への負担が強くなるので、手打ちを続けることはケガのリスクを高めてしまいます。

 

この2つを解消するためには、やはり下半身の安定が必須だと僕は考え、アクシスメソッドを行いました!

 

Kさんは、大臀筋が上手く使えていなかった

カラダを観察すると、大臀筋というお尻の筋肉が上手く使えていませんでした。

 

大臀筋といえば、単一の筋肉では最大面積を誇ると言われる筋肉です。

 

主に股関節の伸展・外旋という働きをしますが、外転・内転などの働きもしますので、股関節の動きにはほぼ関係する筋肉です。

 

ここが上手く使えないということは、股関節の動きが悪くなるだけではなく、下半身の安定性も悪いということが考えられます。

 

ですので、大臀筋が使いやすい環境を確保するためのアクシスメソッドを行いました!

 

その場での変化もしっかり実感され、とりあえず1ヶ月後に予約を入れて、その日は終了となりました。

 

1ヶ月後の来院の時

どういう変化があったのかをお聞きしました。

 

すると、「テニスのショットが力強くなったんですよ!」というご報告をいただけました(^ ^)

 

しかも本人だけが実感しただけではなく、習っているコーチの先生にも言われたと仰っていました!

 

本人だけが分かるのと、第三者にも伝わるのとでは全然違います。

 

何より、Kさんは本当に嬉しそうな表情で報告して下さっていたので、それを見ると僕まで嬉しくなりますね( ^ω^ )

 

アクシスメソッドは結果にコミットしやすい?

カラダの使い方を変えたり、カラダの安定性を確保することが出来るアクシスメソッドは、クライアントさんの結果にコミットしやすいテクニックだと思っています。

 

もちろん、アクシスメソッドだけが優れているわけではありませんが、クライアントさんの抱える悩みにピンポイントで対応出来るテクニックはそんなに多くありません。

 

今回はテニスの手打ちを改善することにフォーカスしましたが、それ以外にもサイドのステップを行いやすくしたり、動体視力を高める方法もあります。

 

つまり、どのスポーツの動きにも対応できて、競技力の向上につなげやすいということです!

 

もちろんメリットばかりではありませんが、ある程度真面目に取り組んでいる方であれば、結果にコミットしやすいと思います(^ ^)

 

結論

Kさんはテニスのショットが力強くなった。

 

こういったところですかね!

 

今後もKさんが充実したテニスライフを送れるように、全力でサポートできるよう頑張りたいと思います!

 

お互いに頑張りましょう!!

 

p.s. アクシスメソッドについて気になる方は、アクシスメソッドをご覧下さい!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。