痛い施術と痛くない施術って、どっちの方が良いの?

痛い施術と痛くない施術って、どっちの方が良いの?
Pocket

この記事の所要時間: 433

この記事を読まれているということは、整体を受けようか悩んでいる方だと思います。

 

受けに行く時のポイントとして、施術が痛いのか?痛くないのか?は結構大きいポイントかと思います。

 

今回はそんな初めての方向けに、痛い施術と痛くない施術の違いについてご紹介します!

 

痛い施術と痛くない施術って、どっちの方が良いの?

最近のこの業界の傾向としては、痛くないソフトな刺激で施術をするのが主流になっています

 

今から10年くらい前は、バキバキ矯正が流行っていて、マッサージもガンガン強押しでやるのが一つの売りでもありましたが、今では鳴りを潜めています(^^;;

 

僕の場合は、ソフトな刺激で行うことが多いですが、痛すぎて逆に笑い転げるくらいの刺激で行うケースもあります。(ちょっと表現が怖いですね(笑))

 

では、痛い施術と痛くない施術は、どっちの方が効果があるのでしょうか?

 

これに関して言うと、その患者様がどういう状態なのか?によって変わってきます

 

痛くない施術が有効的な場合

例えば、3年以上続く腰痛があるとします。

 

痛くなった当初は、何も怪我をした覚えもなく、だんだんと腰一帯が重くて鈍い感じの痛みが出るようになったと仮定します。

 

このパターンは、慢性痛の人によくあるパターンですよね?

 

こういったケースの場合は、痛くない施術が基本的には有効的だと言えます

 

理由としては、慢性痛の多くはカラダの機能に問題があるケースが多く、構造的には問題がないため、変に強い刺激を入れる必要がないからです。

 

構造的に問題がないといのは、レントゲンを撮っても異常なし、内科的疾患もなし、神経所見も異常なし、という状態です。

 

こういう時は、カラダのどこかが使えていないor間違った使い方をしている、などのケースがあるので、力任せに施術を行う必要はないのです。

 

むしろ、機能的な問題が原因の痛みなのに、痛い施術を行うとかえって悪化することも考えられます。

 

なのでざっくり言うと、大半の慢性痛は痛くない施術が有効になると言えるのです!

 

痛い施術が有効的な場合

一言で言うと、ケガですね!

 

「え?ケガこそ痛くない施術が良いんじゃないの?」

 

と思いますよね?たしかにケースバイケースですが、早く回復するためには痛い施術を行った方が良いことが多いのです。

 

例えば、手の指を骨折をしたとしましょう。

 

骨折をしている状態というのは、骨膜が傷ついている状態なので、痛みも出血もひどく、腫れも出ていて酷い状態です。

 

この時に、何もせずに放置するのもアリですが、早く良くなるためには骨を整復(元に戻す)しないといけないのです。

 

この整復というのが、まぁ痛い痛い(笑)

 

何せ麻酔なしで骨を接ぐわけですから、やられている最中は叫ばずにはいられないです(笑)

 

でも、骨がちゃんと元に戻ると、嘘みたいに痛みが軽くなりますし、腫れも引きます。

 

骨折などのケガは、器質的損傷という痛みのタイプなので、多少強引で痛みを伴う施術を行った方が効果的なのです!

 

しかし、例外もあります・・・

慢性痛にはソフトな施術、ケガにはハードな施術。

 

と書いてきましたが、これはあくまでも目安です。残念ながら100%ではありません( ;  ; )

 

カラダを理論的に考えると、ほぼ僕が書いた通りになるんですけど、人のカラダはわかっていないことの方が圧倒的に多いです。

 

「どうしてこれだけで治ったんだろう?」みたいな摩訶不思議な現象も多々あります。

 

なので100%と言い切れないのが、本当に申し訳ない限りです( ;  ; )

 

ただ、1つの目安になることは間違いないと思います。

 

おそらく慢性痛にお悩みかと思いますので、まずはソフトな刺激の施術で良いと思います(^ ^)

 

結論

慢性痛は、痛くない施術が有効的である。

 

こういったところですかね!

 

先ほども書きましたが、あくまでも1つの目安としてお考えください。

 

僕が言っていることが100%正しいわけではありませんし、もしかしたら嘘八百かもしれませんしね(笑)

 

まずは諦めずに、いろいろな場所を探してもらって、あなたに合ったベストな治療院を見つけてください!

 

応援してます!!

 

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。