痛みの原因をメンタルだけで片付けるのは大丈夫なのか?

痛みの原因をメンタルだけで片付けるのは大丈夫なのか?
Pocket

この記事の所要時間: 418

最近言われているのがメンタルの問題。

 

仕事や人間関係などでもメンタルの問題を指摘されていることが多くなりましたね。

 

カラダの痛みなんかもそうです。大半はメンタルが原因ではないか?とも言われるようになってきました。

 

でもこれは果たして本当にそうなのでしょうか??

 

痛みの原因をメンタルだけで片付けるのは大丈夫なのか?

その前に、メンタルとは何なのでしょう?

 

メンタルとはメンタルヘルスの略で、Wikipediaではこう説明されています。

 

メンタルヘルス(英: mental health)とは、精神面における健康のことである。精神的健康心の健康精神保健精神衛生などと称され、主に精神的な疲労、ストレス、悩みなどの軽減や緩和とそれへのサポート、メンタルヘルス対策、あるいは精神保健医療のように精神障害の予防と回復を目的とした場面で使われる。

(引用元:Wikipedia

 

簡単に言うと、精神的な問題のことをメンタルヘルスと言うみたいですね。

 

最近は研究も進み、メンタル面の問題が症状に影響を及ぼしているのではないか?と言われるようになってきました。

 

たしかにメンタルの問題は大きいと思います。僕自身もメンタルへの介入は大事だと思いますし、実際に効果もあると思っています。

 

しかし、すべてをメンタルの一言で片付けるのはどうなのかな?とも思ってしまいます。

 

メンタルはあくまでも補助的な要因

重度のうつ病や、精神疾患はこの限りではないですが、いわゆる一般的な慢性痛(肩こりや腰痛など)は、メンタルの問題はあくまでも補助的な要因だと思っています。

 

腰痛や肩こりが起きている場合、まずはどうして今の状態になったのか?を考える必要があります。

 

現代人で多いのは、明らかな運動不足です。カラダを動かす習慣が少ないせいで、筋力も衰え・汗もかかないために老廃物がたまる。そのせいでホルモンバランスも崩れ、自律神経も乱れる。

 

こういった諸々の習慣が、カラダを痛みの出る状態へと変えているわけです。

 

術者の出来ることはカラダを正常な状態へと戻し、元に戻らないように生活指導を行うことです。

 

ただ、中には気持ちのアップダウンがある方もいるので、そういった方にはメンタル面のサポートを行います。

 

でも、これらはあくまでも補助的な方法であって、これがすべてを解決できる方法ではないと思います。

 

はっきり言うと、メンタルだけで片付けるのは逃げである

恐れ多いですが、メンタルだけですべてを片付けようとするのは逃げだと思うんです。

 

何故なら、多かれ少なかれストレスは誰しも持っているものです。

 

それをすべての問題であると考えると、恐らくすべての人が痛みを抱えながら生きていることになります。

 

これはあまりにも暴論過ぎますし、ちゃんとカラダを見ていけば、どこかが確実におかしいところがあるはずです。

 

なので、メンタルだけですべてを片付けるのは逃げだと思うのです・・・

 

では、メンタル面は無視して良いのか?

ここが難しいところですが、メンタル面を無視するのは良くないです。

 

気持ちの面で人は良くなることもありますし、あまりにもネガティヴ過ぎれば回復力も低下します。

 

自己暗示のように、「私はもう良くならない」「一生このままか・・・」と思い続ければ、やっぱり良くない方向へと進んでしまいますからね。

 

なのでメンタルも気をつけつつ、カラダへの配慮もしたほうが確実ですね。

 

人によって何から始めた方が良いのかは違いますが、まずは出来そうなところから始めた方が良いと思います。

 

気持ちから変えたい方は気持ちを整えることを意識し、カラダを動かすことから始めたい方はカラダを動かすことを意識する。

 

これが1番理に適っていると思うので、参考にしてみてください(^ ^)

 

結論

メンタルだけですべてを片付けるのは無理がある。

 

こういったところですかね!

 

なんでもそうですが、何か1つに偏るのは良くないです。バランスを保つことが重要なので、是非ともバランスを重視することを心がけてください!

 

応援してます!!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。