整体の限界ってどこまでなの?

整体の限界ってどこまでなの?
Pocket

この記事の所要時間: 548

整体って一体どこまで出来るのか?って疑問に思いませんか?

 

今や膨れに膨れ上がっている整体業界ですが、整体の限界値ってあまり明確になっていないような気がします。

 

あくまでも僕個人の意見ですので全てではないですが、参考程度に読んでみてくださいm(_ _)m

 

整体の限界ってどこまでなの?

整体ってそもそもなんだ!?と思うかもしれません。

 

一応、Wikipediaではこう説明されています。

 

整体(せいたい)とは、日本語では主に手技を用いた民間療法、代替医療を指す。日本語としては、大正時代に用いられるようになった用語で、アメリカで誕生したカイロプラクティック・オステオパシー・スポンディロセラピーなどと日本古来の手技療法と組み合わせたものを、「整体」や「指圧」と名付けたのが始まりのようである

(引用元:Wikipedia

 

簡単に言うと、いろいろな流派が入り混じって出来上がった代替療法ということですね!

 

そんな整体ですが、どこまでが限界点なのか?と疑問に思う方も多いと思います。

 

僕が思うに、整体の限界点は・・・

 

完全完治はできないけど、完全完治のためのキッカケを作ることは出来る。

 

こういう感じだと思っています。

 

完全完治はできないの!?

と驚くかもしれません。

 

ですが、ほぼ100%完全完治はできないと思ってください。

 

何故かというと、痛みを和らげる・カラダを動かしやすくする=治るとは限らないからです。

 

例えば、風邪を引いたとします。

 

風邪を引いたときに、風邪薬を飲んで安静にするパターンが多いと思います。

 

このときに、風邪薬を飲んだからと言ってすぐに風邪が治るわけではないですよね?恐らく、風邪薬が切れれば風邪の症状が復活すると思います。

 

で、気がついたら治っているという感じで、時間が薬になるパターンが多いと思います。

 

整体も同じです。整体を行って痛みや症状が和らいだとしても、時間が経てば元に戻ってしまうことが多いです。

 

これはどちらかというと、完治ではなく寛解という言葉が適切かと思います。

 

じゃあ、整体って意味ないんだ・・・

これだけをみると、整体は受けても意味がないと思いますよね?

 

これは半分正解で半分不正解という感じです!

 

たしかに完全完治は不可能に近いです。施術者も神様ではないので、やはり出来ることが限られます。

 

しかし、完全完治のためのキッカケを作ることは出来ると思っています!

 

どういうことかというと、整体を受けることでカラダの機能を上げることが出来ます。

 

その状態が最初は長続きしなくても、動ける期間が何もしない時よりも増えるのであれば、筋肉も強くなりますし、血流も良くなります。

 

こうやって考えると、回復に近づけることは出来そうな感じがしませんか?

 

これが整体の役割であって、限界点でもあります。

 

完全完治をしたいなら、最終的には自分次第

ということになってしまいますね。

 

たとえ整体を行って良い状態になったとしても、それに見合う努力をしなければ元通りになります。

 

スポーツでもそうですが、1位になる人たちって何もせずに1位になると思いますか?

 

恐らく血のにじむような努力をして、1位になれるかどうか、という感じだと思います。

 

整体も同じです。最高の環境を整えたとしても、暴飲暴食や運動を一切しないなどのことをしていれば、完治のしようがないのです。

 

厳しいように聞こえるかもしれませんが、この前提条件を知っているかいないかで、予後が180°違います。

 

誇大広告には注意!?

ここまで読まれてみて、少しでも整体の限界点が分かっていただければ幸いです。

 

さて、それを踏まえた上で気をつけて頂きたいことがあります。

 

それが、誇大広告です。

 

ホームページなどを見てみるとお判り頂けるかもしれませんが、整体院や整骨院のホームページって「本当にそんなこと出来るの!?」と思うような内容が多いと思うんです。

 

・ガンも治せます!

・腰痛の改善率91.7%

・予約殺到!どんな症状でも治せます!

・病院なんか行かなくても、当院に来れば確実に治せます!

 

などなど、凄いことがズラーッと書いてあるのを見かけたことがあるかもしれません。

 

もしかしたら、そういうことが出来る先生もいるかもしれません。しかし、本当にそんなこと出来たら世の中から病気は根絶していると思います。ノーベル賞受賞とかそういう次元の話ではないですからね(笑)

 

これは先ほど書いたような前提条件を完全に無視して、煽りに煽ってしまうようなパフォーマンスに走ってしまっていると考えられます・・・

 

もし、本当にカラダのことでお困りであれば、誇大広告を掲げている場所は気をつけたほうが良いと思います。

 

行くなとは言いませんが、期待値が大きすぎてしまい、結果が出なかった時のショックが大きいと思いますので、ちょっと考えものですね・・・

 

結論

整体の限界点は、完全完治は出来ないけど、完全完治をするキッカケを作ることは可能。

 

こういったところですかね!

 

僕が考える整体の限界についてでしたが、いかがでしたか?

 

納得する・しないがハッキリ分かれるような内容だったかと思います。

 

もちろん、全てが正しいわけではありませんが、自分なりに的を射ていると思います(笑)

 

是非とも頭の片隅にでも良いので、参考にしてみてくださいね(^ ^)

 

応援してます!!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。