小指が痺れたら肘部管症候群を疑いましょう

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 448

IMG_3176

今回は肘の痛みについてお伝えします。

肘の痛みは以前にもお話しした通り痛みが

抜けにくい場所です。

 

ですので、しっかりとした方法を身につけて

もらって症状改善に努めてください

 

それでは書いていきます!

 

肘部管症候群

今日もまた新たな場所をお伝えしますが

肘部管(ちゅうぶかん)という場所をご存知ですか?

 

逆に知っていたらかなり尊敬するくらい

一般の方からするとマニアックな場所です(笑)

 

ここは肘の内側にある管のことを指します。

肘部管には小指側にある筋肉を支配する

尺骨神経(しゃっこつしんけい)という神経が通ります。

 

構成的には腕の骨と靭帯、腱などの組織で作られ

とても強固な作りになっています。

 

そんな肘部管がなんらかの原因で圧迫を受けてしまい

小指に痺れを引き起こすのが肘部管症候群です。

 

肘部管症候群の原因

原因としては色々あります。

 

・肘の関節の変形

・過去の怪我(肘の骨折など)

・ガングリオンによる神経の圧迫

 

その中でも肘の関節の変形が関係する

と言われています。

 

肘が変形するというのはあまり馴染みがないと

思いますが、手を酷使するお仕事をされている方は

結構肘自体の変形が進んでいる事があります。

 

そして肘が変形する事で骨の配列に影響をきたし、

それに伴って筋肉や靭帯の緊張度も増します。

 

こうなると徐々に尺骨神経を圧迫してしまい

小指側への痺れが出てしまうのです。

 

肘部管症候群の症状

肘部管症候群の症状は結構特徴的なものが

多いので覚えやすいかと思います。

 

・小指側への痺れ

・手の筋肉が痩せてくる

・フローマン徴候陽性

・チネル徴候陽性

・鷲手

 

といった症状が出ます。

筋肉が痩せるというのは神経が正常に機能して

いないせいで萎縮してしまいます。

 

フローマン徴候というのは紙などを親指で

引っ張り合うときに親指を立てて引っ張ろうとする

現象を言い、イメージ的にはこんな感じです。

 

2016-09-07 10.27.37

僕の右の親指のような状態だと

フローマン徴候が陽性という状態です。

 

チネル徴候とは神経に沿って刺激を加えると

痺れや痛みがジーンと走る現象を言います。

肘部管症候群でいうとここを刺激すると

小指側に痺れが走ります。

 

2016-09-07 10.34.49-10

ここを刺激すると小指側に痺れが走ります。

この状態がチネル徴候陽性という状態です。

 

最後に鷲手はこんな感じになります。

 

2016-09-07 10.43.39

小指と薬指が曲がってしまう状態を鷲手と言います。

 

結構大変な疾患だと思いませんか?

こんな状態になったら本当に凹みます・・・。

 

肘部管症候群の治療法

最初のうちは少し様子を見てみましょう。

たまに寝相の問題で神経を一時的に圧迫してしまい

それが原因で痺れていることもたまにあるので

数日間は様子を見てみましょう。

 

それでも変化がなく、逆に痺れが強くなったり

手の感覚がおかしくなったら病院で検査をしましょう。

 

そして、手の筋肉が痩せてきたり鷲手になったら

正直手術をしないと治りません。

ここまでくると徒手療法の限界なので変形が出たら

手術という選択を!

 

もし、変形もなく痺れのみである場合は整骨院や

整体で見てもらったほうが早いこともあります。

 

僕も以前見させていただいた患者様にも

肘部管症候群でお悩みの方がいたのですが、

その方の場合は変形もなく痺れのみだったので

膝を調整したらすぐに良くなったという事例もあります。

 

こんな感じで症状に応じた行動をすることが

大事になってくるでしょう。

 

この疾患に関しては今の所ところセルフケアの方法が

思い浮かばないので何か良いのがあれば随時お伝えします。

 

結論

肘部管症候群は尺骨神経を圧迫する疾患。

過去の外傷歴や肘の変形によって起こりやすい。

鷲手や筋肉の萎縮が出たら手術の適応となるが

痺れのみの場合は民間医療でも良くなるので

その時にあった行動をするのが良い。

 

こういったところですかね!

 

余談ですが肘部管症候群の手術は今では

日帰りで出来るくらいお手頃みたいです。

 

それだからどんどん受けましょう!

ということではないですが最悪の場合は

そういう選択肢も視野に入れておいたほうが

良いこともあります。

 

ですのでまずはご自身の病態を把握した上で

最良の選択をしてください!

 

p.s. 当院の概要はこちらからご覧になれます。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。