2017年をより良いものにする為に

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 910

今回も目標を達成するための方法について

お伝えします。

 

あなたにとって少しでもプラスとなれれば幸いです。

 

 

では、さっそく書いていきます!

 

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

とうとう2017年が始まりましたね。

 

2017年が始まってあなたはどういう心境ですか?

僕は特に何かが変わったわけでもありませんし

いつも通りの生活を送っています。

 

強いて言うならテレビが特番ばかりで

「あ、そういえばお正月か☆」

みたいな感覚ですね(笑)

 

そんな2017年が始まりましたが

あなたがどういう年にしていきたいのか?

そしてどういう年になればいい年になるのか?

 

ぼんやりとですが考えていますか?

やはり考える事は非常に重要であって考える事で

あなたの人生が変わってくると思います。

 

今回はそんな事について書いていきます。

 

2017年をどう過ごすか?

新年がスタートしたということであなたも漠然と

「今年はこういう感じの年にしよう!」

 

という感じで目標を定めていると思います。

漠然とした考え方というのは必要ですので

まずはそこから考えるのも全然良いと思いますし、

それがあなたの深層心理の叫びなのでそれを

大切にして欲しいですね。

 

ただ、漠然とした考えがあるだけでは

あなたの目標は叶いにくいのも事実です。

 

多くの人は漠然とした目標を掲げるだけで

その目標を達成するための方法を考えません。

 

これでは昨年と同じ結果となってしまい

成長がみられないと思うんですよ。

 

成長するには考え方を知る

人間には思考の幅があると言われています。

抽象的な発想は本能的な部分からきます。

 

例えば・・・

「何か楽しいことがしたいな〜」

と不意に思うことってありますよね?

 

これは本能的な訴えかけです。

大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)と呼ばれる

脳の1番古い部分から巻き起こる欲求なんですね。

 

でも楽しいことってその人によっても違いますし

様々な選択肢がありますよね?

・スキーをするのが楽しいのか?

・福袋を買いに行くのが楽しみなのか?

・旅行に行くのが楽しみなのか?

・初日の出を見に行くのが楽しみなのか?

 

これは本当に様々です。

そんな中であなたが数ある選択肢の中から

「これにしよう!」と取捨選択して方法論を考えて

行動に移すのは大脳皮質(だいのうひしつ)

呼ばれる部分で行われます。

 

他にも生命維持に関係するのが脳幹(のうかん)

だったり運動制御に関係するのが小脳だったりと

いろいろ脳にも役割がありますがここでは大まかに

大脳皮質と覚えてもらえれば大丈夫です。

 

年明けからややこしくなるのも嫌ですもんね(笑)

 

ここで重要になるのが抽象的な考えから具体性を

持った考え方を行き来できるようにならないと

成長しないということです。

 

抽象的な発想〜具体的な方法論を行き来する

抽象的な発想は感覚に近いものがありますし

言葉では説明しにくい部分です。

 

喜怒哀楽なんかはその代表かと思います。

 

そしてその感情がなんで湧くのか?

というのを考えて結論に至るまでの作業は

具体的な考え方です。

 

こんな感じで両者を行き来するのが重要であって

目標達成には欠かせないと言われています。

 

「言ってることがわけわからない!!」

 

そう思われたでしょうね(笑)

では簡単な例を出しますね。

 

例えばあなたが「何か刺激が欲しい!!」

と不意に思ったとします。

 

その刺激ある方法を旅行に行くと仮定します。

あなたはこの次に何を考えますか?

 

おそらく行き先を考えると思います。

「国内にしようか海外にしようかどうしよう?」

といった感じで考えますよね?

 

そして行き先が決まったら予算や交通手段、

友人と行くか1人で行くか、そしてどこを回って

お土産は誰に買うか・・・・

 

など色々と具体的な感じで考えますよね?

これはトップダウン式と呼ばれる方法で

「刺激が欲しい!」という抽象的な考え方から

「こうこうこういう感じのプランで決定♪」

具体性のある考え方に行き着く考え方の事を言います。

 

これは多分どういう目的かを聞かれたら

わりと答えやすいと思います。

 

でも・・・

 

多くの人はその考え方を理解していない

これが今まであなたが目標を達成できなかった

要因の1つだと思います。

 

トップダウン式は本来会社などの組織が使う手法で

社長〜役員〜部長〜課長〜係長〜平社員などの

順番に伝わっていく手法です。

 

でもこれは思考のレベルというか段階から

考えても非常に有効な考え方です。

 

これを活かして目標を設定した方がなんか

良さそうな気がしませんか?

 

今のあなたに当てはめると・・・

例えば腰痛を治したい!

と考えたとしましょう。

 

そんな時にどうして治したいのか?

そして今現在何に困っているのか?

どうなったらあなたは満足が行くのか?

最終的にあなたの周りはどうなるのか?

 

ここまでしっかり考えていますか?

99%の人はここまで考える事をしないでしょう。

 

「そんなこと考える人普通いないでしょ!」

 

本当にごく一部の人たちは出来ていますし

実際に僕のところに来て頂いている患者様もこれが

最初から出来ている人もいます。

 

そういう人たちは回復力がかなり早いです。

 

何故なら治したい理由がトップダウン式で

組み立てられているからです。

 

何をもって治るというのかはその人次第ですが

痛みを取りたいだけがゴールになると基本的に

夢潰える、といった感じになりやすいです。

 

さっきの例で旅行の話をしましたが

「刺激が欲しい!」〜「このプランで行く!」

というのが一連の流れでしたね。

 

でもこれが痛みを取りたいだけになると・・・

A「旅行に行こうと思うんだけど一緒に行こうよ!」

B「いいよ!どこに行く予定?」

A「だから、旅行に行こうって♪」

B「いやいや、どこに行くかは普通聞くでしょ?」

A「なんで?旅行に行こうって言ってるじゃん!」

B「だから!どこに行くのって聞いてるじゃん!!」

A「あ〜もう!だから旅行だってば!!!!!」

B「(怒、怒、怒)・・・・。」

 

という感じになります。

これを見てどう思いますか?

かなりぶっ飛んだ誘いだと思いますよね(笑)

 

でも99%の人はこれと全く同じ事をしています。

行き先も決まってないし、具体性がないので

予定の立てようもないんです。

 

施術も段階があってまずは問診があって

視診、触診などの検査をしてやっと施術を行います。

 

でも最重要課題になるのが問診です。

いかに優れた施術方法でも行き先も決まってない

ところにたどり着かせるのは無理があります。

 

なので施術者側の一方通行だけでは限界があって

患者様サイドにも協力してもらわないといけません。

 

これを踏まえてあなたが考える事

まずはゴールを決めましょう。

自分なりのちゃんと理に適ったゴールを決めて

そこから具体性の持った方法を選択してください。

 

方法論も施術だけではないですし

むしろ自己解決できることってたくさんあります。

 

ただ、色々試したけど自分の脳力では限界だ!

と思った時に第三者の脳力を借りた方が正しいですね。

 

この段階のあなたはきっと目標が明確かつ

理に適っているのできっと良い成果を生みます。

 

何故ならそれはあなたの思考がその人をしっかりと

引き寄せることが出来ているからです。

 

人間は何かを本気で達成すると思った時に

最高のタイミングでミラクルが立て続けに起こります。

 

これは人間の持っている固有の周波数波動などの

エネルギーがそのレベルにあった周波数や波動を

感知して引き寄せるのです。

 

スピリチュアルでも何でもありません。

科学的に証明され始めています。

 

なのであなたも思考のレベルを今よりも上げて

良い波動を掴み取って目標を達成してください。

 

結論

目標を設定はしっかりすること。

 

こういったところですかね!

 

新年からちょっと不思議な話をしましたが

全ての人に成果を出して欲しいという想いから

書かせてもらいました。

 

2017年をより良いものにするために

参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

2017年も本気のあなたを応援します!

そして本年もよろしくお願い申し上げます!!

 

p.s. 当院のHPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。