本物の治療家との対談で思い出したこと

本物の治療家との対談で思い出したこと
Pocket

この記事の所要時間: 521

先日、往診終わりに僕が師事させてもらっている先生とお会いしました。

 

そのなかで、出来ているようで出来ていなかった部分を再確認できたので、その内容をシェアしたいと思います!

 

本物の治療家との対談で思い出したこと

本物の治療家(以下K先生)とは、実は僕の兄の友人なのです。そして地元の先輩というちょっとレアなケースです(笑)

 

今までいろいろな治療家の先生とご縁を頂いてきましたが、K先生ほど素晴らしい治療家の先生は少ないと思います。いわゆる本物と呼ばれる人たちなのです。

 

この業界に入る前は、K先生とはそこまで密な接点はなかったのですが、この業界に入るのをきっかけに、密な接点ができるようになったのです。

 

これは大げさでも何でもないのですが、このK先生がいなかったら今の僕はなかったと言っても過言ではありません。

 

そのキッカケとなったのが、僕が柔道整復師の免許を取り立ての時に、K先生が開いてくださった勉強会でした。

 

柔道整復師となった瞬間の濱口は・・・

本当に無気力でした(笑)

 

熱いだけが取り柄だった僕としては、人生史上もっとも無気力な状態だったと言えます(笑)

 

理由は、この当時お勤めしていた整骨院を辞めた直後で、いろいろな意味で疲れ切っていたからです。

 

情けない話ですよね(^^;;

 

それを兄経由から聞いたK先生は、柔道整復師になったお祝いとして、勉強会を開催してくださったのです。

 

その時の勉強会の内容は、いわゆる基礎中の基礎。

 

どういう道を目指せばいいのか?といったところをご教授いただきました。

 

そして、基礎中の基礎である施術のやり方、患者様をみるという本質部分など、今では当たり前だと感じれるようになりましたが、当時は死ぬほど感銘を受けたのです。

 

それがキッカケとなり、今があるという感じですね。

 

先日、久しぶりにお会いしました

なんだかんだ時は過ぎ、半年ぶりくらいにK先生とお会いしました。

 

僕の治療家仲間のT先生も含め、3人で秘密の夜会をしたのです(笑)

 

会うキッカケになったのは、T先生のお悩みを解消するという目的でした。

 

そこでK先生が優しいながらも、的確なアドバイスをしてくださり、T先生のお悩みが解消とまではいかないにしても、1つの刺激となったのです。

 

とても充実した夜会で、良い気分で帰宅しました。

 

が、帰ってから冷静に考えてみると、あることを僕は忘れていたことに気がついたのです。それが・・・

 

治療家とは何なのか??

ということでした。

 

どういう意味かというと、治療家の出来ることはかなり限られています。

 

多くの患者様の認識として、治療家=症状を治してくれるという認識だと思います。

 

実は、これは半分正解で半分不正解なのです

 

治療家ができることは、患者様が何らかの原因で下がってしまった回復力を元に戻すことなのです。

 

僕たちが治すのではなく、患者様ご自身の力で治すというのが本来の形なのです。

 

言い換えると、僕たちは改善するためのお手伝いをしているに過ぎないわけですね。

 

それは理解していたのですが、K先生に言われたことは

 

「1番の理想は、触らなくても改善に導けることだよ(^ ^)」

 

これは深い言葉です。今の僕では、恥ずかしながらこの言葉の半分くらいしか理解できません。

 

あ、もちろん手かざしで施術するという意味ではないですからね(笑)

 

こういった本質を考えると、今までの僕は出来てる風だったと思います。

 

本当に情けない話ですね(笑)

 

できることは限られるが、そのできることの範囲を広げていく

この世に正解はありません。

 

しかし、その言葉を悪い方に捉えると、何をしても構わないから根詰める必要はない、という逃げの言葉になります。

 

僕たちの業界は、たしかに正解はありません。でも、不正解なことは数多く存在します。

 

治療院に行っているのに壊されている患者様、間違った知識を教えて逆に症状を悪化させるメディア

 

これでも正解はないからと言って逃げて良いのか?と思うんですね。

 

こういったことを考えていくうちに、僕は本当に未熟者なんだなぁと実感させられます(^^;;

 

だからこそ、成長しないといけないのです。

 

できることは限られますが、できることが10→11になるだけでも結果は大きく変わります。

 

わざわざ僕なんかを頼ってきてくださる患者様のために、できる範囲を広げていき、最終的には治療院業界の範馬勇次郎になれるように頑張ります!

 

※範馬勇次郎を知らない方は、Wikipediaを参照してください(笑)

 

結論

K先生のおかげで、治療家とは何なのか?が再認識できた。

 

こういったところですかね!

 

まだまだ未熟者な濱口ではありますが、どうか温かい目で成長を見届けていただければ幸いです。

 

今よりももっと素晴らしい治療家に成るので、今後の濱口に期待しててくださいね(^ ^)

 

K先生、本当にありがとうございました!!

p.s. 当院のHPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。