五十肩

この記事の所要時間: 57

五十肩とは?

実を言うと五十肩というのは俗称です。本来の言い方をすると肩関節周囲炎という疾患の1つになります。

何で五十肩と言われてるのかというと、40〜50代くらいの年齢層に多い疾患であることから命名されたそうです。

五十肩の原因というのは実は未だによく分かっていないのが現状です。ホルモンバランスが崩れる、関節を覆っている関節包が癒着している、インナーマッスルの弱体化、石灰が溜まる、など様々な原因があって特定することが非常に難しいのです。

こういったことから肩関節周囲炎という含みを持たせた疾患名が付いているのかもしれません。

整形外科での処置

レントゲンを撮るところから始まります。そして関節自体に明らかな外傷がなければ五十肩と診断され、石灰が関節に溜まっていれば注射を打って石灰を散らす薬剤を投与します。

五十肩の発症時期によって処置も異なりますが、炎症が強い時期は安静を指示されます。そして炎症が過ぎ去ったタイミングで運動を指示されます。

ただし、安静期間が長すぎると関節の拘縮と言って可動域が狭まってしまう現象が起きます。整形外科ではこういった関節の拘縮を作ってしまうケースが既存の患者様を見ていると多いように感じます。

一般的な民間療法での処置

炎症が強い時期にはとにかく冷やして電気治療、テーピングなどを使って処置を行うケースが多いです。

炎症が引いた段階で、患部周辺の筋肉をマッサージしたり、ストレッチをすることが一般的です。しかし、炎症が強い段階ではなかなか治療実績が思うように上がらず、難渋していることが多いです。

当院での処置

患部の炎症が強い段階では、内臓の調整を用いて炎症を引かせるように働きかけます。それと同時に患部の筋膜を特殊な器具を使って調整したり、肩の動きに関係する関節を調整して痛みを取り除きます。

炎症が引いた段階では、関節の拘縮を防ぐために肩の関節自体を調整したり、人間の機能に備わっている運動連鎖という概念を使って足首〜骨盤にかけての関節を整えます。

施術だけでは足りないと感じた際は、自宅でも関節を動かす体操や筋力トレーニングを指導します。エビデンスのレベルが高いものや現状を見極めた上で的確な方法を指導しますので効果は高いです。

しかし、関節に石灰が溜まっていたり・筋肉が断裂している可能性があるものは医療機関の受診を勧めています。

五十肩の症状を和らげるには?

五十肩は症状によっても違いますが、夜間痛を訴える人が多いです。あとは髪を結んだり下着を付けることが困難だという訴えも多いです。

これは解剖学的に考えると、肩の関節を作っている肩甲骨と上腕骨のスペースが狭くなってしまい、肩の関節内部の圧力が強くなることで炎症性の痛みを引き起こしています

この内部の圧力が強いせいで寝るときも常に痛みを伴ってしまいますので、この内部の圧力をどうにかして確保する必要があります。

寝るときには肩の下に丸めたバスタオルを入れて、関節に負荷が掛かりすぎないように保護をする必要があります。そして臨床上、上腕二頭筋という力こぶを作る筋肉が原因になっているケースがあります。

理由としては、常に肘を曲げることが多かったり、腕を固定した状態で何か作業をしている(デスクワークetc.)ことで、肩の関節が前側に引っ張られてしまい関節の位置がおかしくなってしまうからだと推測しています。

このことから上腕二頭筋の緊張を取ってあげることで、関節内部の圧力を逃せますし、痛みの軽減が見込めることが多いです。

上腕二頭筋の緊張を取る方法はデスクワークの姿勢改善法を公開!に書いていますので、参考にしてみてくださいね。

五十肩との向き合い方

五十肩は非常に痛みを伴う疾患です。夜も寝られない、寝てもすぐに目が覚める、肩が動かないなど生活する上で困難極まりない現象が次々に起こりますので、本当にお辛いことと思います。

そんな中でも五十肩の症状を改善に導くには、ご自身の精神的な安定もかなり重要になってきます。というのも、人間は脳科学的に痛みが続いてしまうことで、恐怖観念が強くなったり・不安感が煽られてしまいます。そのせいで悪い方向に物事を考えてしまうループにはまるので余計に痛みを助長させることが分かっています。

痛いなりにも考えて欲しいのが、現状でできることにフォーカスしてみてください

例えば、肩が上まで挙がらないとします。でも食事が出来たり、お風呂に入ることなどは肩が痛くても出来ていると思います。こういう感じで肩が挙がらないという現象だけにフォーカスするのではなく、肩は挙がらないけどこういう動きは出来ているという部分にフォーカスすることで、脳内に変化が起きてきます。

鎮痛を司る領域が活発化する条件には、極度のマイナス思考を排除することが必須です。ある程度のプラス思考にシフトチェンジすることでホルモンバランスが整い、かつ痛みの鎮痛を促すように働いてきます。

こういった体の構造を理解することで10の痛みが6にも5にもなりますので、まずはマイナス思考に偏りすぎないことをお勧めします。

そして、五十肩を改善させる目的も同時に持たねばなりません。その方法としてこういうセルフコーチングを問い掛けてみてください。

・どうして五十肩を治したいのか?

・五十肩で困っていることは何なのか?

・そして五十肩であることのデメリットは?

・逆に五十肩でのメリットは何なのか?

・五十肩を治した後の感情はどういう感情でいたいのか?

・そのために”今”自分で何ができるのか?

こういう感じでセルフコーチングをしてみて下さい。自分とのコミュニケーションは出来ているようで出来ていません。なので行動の質がなかなか思うように上がらないのです。

行動の質を上げるには精神状態の安定が必要不可欠なので是非ともご自身に問い掛けてみてください。

そのほかにも何か疑問やご質問があれば、お気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。