冬の寒い時期に体調が悪くなる人の共通点とは?

冬の寒い時期に体調が悪くなる人の共通点とは?
Pocket

この記事の所要時間: 537

「冬の時期は寒いせいか、いつも体調が良くなくて・・・」

 

こういったお悩みを持つ方が多いように感じます。たしかに、寒いとあまりカラダも元気になりきれないところはありますからね(^^;;

 

ただ、冬の時期に体調が悪くなるのは、寒いだけが原因ではないかもしれませんよ?

 

今回はそんな、冬の寒い時期に体調が悪くなる人の共通点についてご紹介したいと思います!

 

冬の寒い時期に体調が悪くなる人の共通点とは?

冬は本当に寒いので、カラダへのダメージはかなり大きいですよね?

 

僕も冬はそこまで得意な方ではありませんから、早く暖かくなって欲しいものです(^^;;

 

さて、冬の寒い時期というのは色々な症状が出やすかったりします。

 

・髪がきしみやすい

・頭痛の頻度が多くなる

・関節痛が悪化する

・なんだか疲れやすい

・耳鳴りも悪化しているetc.

 

こういう感じで、他の時期にはあまり出なかったような症状が出やすくなったりします。

 

「それって、寒いのが原因でしょ??」

 

と思うかもしれません。たしかに、寒いせいでカラダも緊張しやすいですから、こういった症状が出やすいのも事実です。

 

しかし、寒さだけが原因とは限りません!

 

今まで色々な患者様を見させてもらってきて、冬の時期に体調を崩される方々に共通していることがありました。

 

それは・・・・

 

腎臓に問題がある

「え?それって病気ってこと??」

 

そういうわけではありません。数値に出るような異常というより、疲れとか硬い感じと言いますか、そういう感じの問題です。

 

最初はあまり確信が持てませんでしたが、70〜80%くらいの確率で当てはまるかと思いますね。

 

これだけでは、「いやいや、意味が分からんよ(´Д` )」と思われてしまいますから、その根拠についてご説明します!

 

冬の時期といえば・・・

夏に比べると、水分を摂る機会が減ります

 

夏場は暑いので、自然と水分補給を行うかと思いますけど、冬場って水分補給しなくても意外に平気だったりしますよね?

 

こ・れ・が!落とし穴なのです(´Д` )

 

冬場は、夏場に比べれば運動して汗をかく量は半分くらいだと言われています。しかし、室内での作業などをすると、夏場よりも2倍以上の汗をかくと言われています。

 

何か作業する際は、ストレスが無意識にかかるので、ストレス性の汗の量が増えるのです。

 

すると、知らず知らずのうちに水分が減り、脱水状態に近付きます。

 

脱水状態になると、いろいろな場所にマイナス影響を与えますが、特に腎臓には大ダメージなのです!

 

腎臓は水分が大好き♡

先ほど書いたように、水分不足になると腎臓の機能が落ちます。

 

腎臓は水分が大好きな臓器だと言われていますから、水分不足を起こすと、かなり大変なことになります。

 

西洋医学的に考えれば、腎臓は血液をろ過したり・血圧を調整したり・イオンバランスの調整・骨を強くする・血液を作るなどの超重要な役割をしています。

 

東洋医学的に考えても同じような働きもしますが、髪の毛や各器官の成長・発育などにも関係します。

 

これだけ見てもいかがでしょう?

 

かなり厄介な気がしませんか(*_*)??

 

加えて、腎臓は冬場に機能が落ちやすい臓器とも言われています。

 

こういった諸々のことを考えると、寒いだけが原因ではない気がしますよね・・・

 

腎臓をまずは整えましょう!

ここまでお読みになられて、おそらく腎臓に問題があるかも、と思われたのではないでしょうか?

 

もちろん、全てが当てはまることはないと思いますが、多かれ少なかれ腎臓にも問題はあるでしょう。

 

では腎臓を整えるために、具体的に何をしていけば良いのでしょう?

 

まずは水分を多めに摂るように心がけましょう!

 

先ほど書いたように、腎臓は水分が大好きな臓器です。なので水分をまずは多めに摂るようにするのが得策です!

 

目安としては、毎日約2リットルの水を飲むことです。ただ、最初から2リットルはハードルが高いと思うので、1〜1.5リットルは飲むようにしましょう!

 

食べもので言えば、大豆や海藻類などの食物繊維が多い食べものや、カルシウムの多い魚介類など食べることも有効的です。

 

あとは、お医者様に塩分の調整などを指導されている場合は別ですが、塩分も多少なりとも摂ったほうが良いです。

 

精製塩の取りすぎは不可ですが、なるべく天然に近い塩を多めに摂ると、逆にカラダには良いので、拘りたい人はそこまで拘っても良いと思います。

 

こういう感じで、まずは出来そうなことから少しずつ始めてみてはいかがでしょう?

 

きっと少しずつではありますが、カラダは変わりますよ(^ ^)

 

結論

冬場に体調を崩す人は、腎臓に問題を抱えていることが多い。

 

こういったところですかね!

 

どうしても寒さが全ての原因だと思ってしまう気持ちは分かります。

 

でも、実際寒いだけが問題だったら、寒い場所に住んでいる地域の人たちがみんな不健康になっちゃいますよね?

 

それはいくらなんでも無茶苦茶な理論です(^^;;

 

1つの考え方と知っておくのも良いかと思いますので、頑張ってみてください!

 

応援してます!!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。