食事で痛みをコントロールする方法

食事で痛みをコントロールする方法
Pocket

この記事の所要時間: 417

食事を通じて痛みをコントロールする

ここ数日は涼しい日が続いてますね!むしろ朝は寒いくらいに感じるので何だか変な感じがします(^^;;体調管理にはお互い気をつけましょう!

さて、今日は食事から痛みをコントロールする方法をご紹介したいと思います!

人間の体は食べたもので出来ている

よく聞く言葉ですね!女性の方はダイエットや健康にも興味がある方が多いので節制したり、どの食べ物が良いのかを調べたりしますからね。

これは深く考えると終わりのない迷路に入ります(笑)何故なら肉であれ野菜であれ、水であれほとんどの食べ物が添加物や農薬によって汚染されてしまっていることから、まともな食事が摂れない世の中になっているので取捨選択が非常に難しいからです。

ですので、ここではそういった添加物がどうとか農薬がどうとかは書きません。あくまでも理論上、痛みをコントロールしやすくなる食事をご紹介するだけなのでご注意くださいね( ´ ▽ ` )ノ

セロトニンをご存知ですか??

セロトニンは有名ですね!よく聞くワードとしては幸福ホルモンではないでしょうか?

このセロトニンを増やすことが実は痛みを軽減、もしくはコントロールに繋がるんですよ!

セロトニンはめちゃ凄い!

セロトニンは痛みの軽減に非常に深い関係があるとされています。セロトニンは実は色々なタイプがあってそれぞれ違うのですが、ここでは痛みにフォーカスして話を進めていきます!

痛みが慢性的に続いている状態というのは脳にある前頭葉と呼ばれる場所がうまく機能出来ていない状態なのです。前頭葉は意志の決定などを司る場所ですから、正常な判断をするのには前頭葉が働いていることが必須なんです。

そして前頭葉を活性化させるにはセロトニンなどの神経伝達物質が大きく鍵を握ります。セロトニンの分泌が少ないと前頭葉も上手く働きませんし、パニック障害やうつ病などの精神的な病も引き起こすんです。

ということは・・・

セロトニンの量を増やせば理論上、痛みが軽減するんではないか?ということが言えますよね!

セロトニンの量を増やす食べ物は・・・・

サムネイルでお分かりかと思います(笑)

そう、バナナです!

バナナはセロトニンの原料となるトリプトファンという体内では作れない必須アミノ酸やビタミンB6などが含まれています。バナナは専門家の中でも推奨している人が多いですから、朝食に1本食べるだけでも違うかもしれませんね!

ただし、注意が必要です

果物というのは果糖が多く含まれています。この果糖というのは糖類の中の1つですが、普通の糖類とはちょっと違った特徴があります。

それは、満腹感が得られにくいというところです!

普通は糖類といえば血糖値がバチっと瞬間的に上げるので満腹感が得られやすいんです。しかし、果糖は直接糖になりにくいので血糖値をそこまで上げない代わりに、満腹感が得られにくいのでついつい食べ過ぎてしまうんです。

果糖は体に良い!なんて言っていたのも過去の話です。摂り過ぎれば糖類ですから動脈硬化や脳梗塞の原因にもなり得てしまいます。

でも、僕個人の意見としてはスナック菓子やパンなどを食べるよりはマシだと思っています。なのであえてバナナを推奨したのです。1日1本くらいで他の炭水化物を控えれば良いわけですし、何より痛みのコントロールという目的がありますからね(^ ^)

食べ過ぎなければOKです!

ゆっくり食べるのも効果的にセロトニンを増やせます!

セロトニンはリズム運動によって分泌量が増えるみたいなんです。なのでよく噛んで食べるのはアゴの関節をリズムよく使ってますので非常に効果的だとも言えます!

実際に僕も患者様にゆっくり食べるように指導することがあるのですが、8割以上の方はそれだけでも痛みに変化が出るんですよ(^ ^)

これはセロトニンなどの神経伝達物質がしっかりと分泌されて、痛みを軽減させる神経回路が働いている証拠ですね!

結論

セロトニンを増やすにはバナナを食べるorゆっくりよく噛んで食事をすること。

こういったところですかね!

余談ですが最近、僕らの業界も食に関する記事をよく書く傾向にあります。確かに言っていることも分かりますし、素晴らしい方々も多いのですが、考え方が偏り過ぎな人も多いです。

あれは絶対に食べるな!、糖質なんて摂るな!、コーヒーは夕方3時以降飲むな!etc.

言っていることは間違ってはないのですが、あまりにも断定的な決めつけはかえって判断を誤ったり視野を狭めてしまいます。

もし、SNSなどで断定的な物言いをされている記事を見ても100%鵜呑みにせず、話半分くらいに留めておくことをお勧めします(^^;;

食に関してはあまりにも及ぼす影響が強いですし、仮に誤った知識を信じてしまったら取り返しがつきませんので(/ _ ; )

完全に余談でしたね(笑)まずは今回の内容を無理のない程度で試されることをお勧めします!頑張ってください!!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。