BCAAは摂るべきなのか?

BCAAは摂るべきなのか?
Pocket

この記事の所要時間: 739

何かと話題なBCAA。

 

トレーニングが好きな人、健康意識が高い人には重宝されているアミノ酸です。

 

今回はそんなBCAAについて書いてみようと思います!

 

そもそもBCAAって何なの?

テレビや雑誌などで目にする機会の多いBCAAですが、そもそもBCAAとは何なのでしょう?

 

BCAAとは、Branched Chain Amino Acidsの略で、日本語に訳すと分岐鎖アミノ酸と言います。

 

アミノ酸とは、タンパク質を作る材料です。なのでアミノ酸は、生きていく上では必要不可欠なのです!

 

話を戻しますがBCAAは、バリンロイシンイソロイシンという3つを指していて、体内で合成ができない必須アミノ酸のなかでも、かなり重要だと言われています。

 

その理由は、必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸が9つあるのですが、そのうちの約35%はBCAAが占めていると言われているのと、哺乳類にとって必要なアミノ酸の約40%も占めているからなのです!

 

極論を言うと、BCAAが不足する=カラダが上手く機能しない、とも言えるのです!

 

 BCAAの主な働き

なんとなくBCAAについて理解して頂いたと思うので、ここからはBCAAの主な働きについて書いていきます!

 

・タンパク質の分解を抑制

・集中力を高める

・運動時のエネルギー源になる

・男性ホルモンの働きを維持させる

 

これらがBCAAの主な働きだと言われています。

 

いまいちピンと来ないと思うので、1つずつ解説しますね!

 

①タンパク質の分解を抑制

これは主に筋肉のことを指していますが、筋肉というのは合成と分解を繰り返しています

 

筋肉は人のカラダにとって重要なのですが、生命維持の観点からすると、あまり重要ではないと脳は判断します。

 

すると、分解>合成という図式が成り立ってしまい、トレーニングをしなくなったり、過度なストレスが掛かると分解が進んでしまいます。

 

もともと分解が優位なのに、それを加速させてしまうのは勿体ないですよね?

 

それを可能な限り抑えてくれのがBCAAです。

 

例えば、トレーニングをした後にくる筋肉痛。これは筋繊維が破壊されている状態で起きる微細な炎症です。

 

その炎症は時間とともに修復し、以前よりも筋繊維が少し太くなって回復するように出来ています。これが超回復です。

 

超回復は適切な休養・適切な栄養素の補給が大事です。このプロセスの強化剤となるのがBCAAなのです!

 

個人的には1番重要だと思っています(^ ^)

 

②集中力を高める

人の集中力が切れる時というのは、血液中に必須アミノ酸の1つであるトリプトファンが多くなると言われています。

 

トリプトファン自体は、めちゃめちゃ重要で、体内時計を司るメラトニンやセロトニンなどのホルモンの原料となります。

 

適度なトリプトファンの量であれば、精神を安定させたり・うつ病の治療などにも効果的なのですが、多すぎてしまうと逆効果になってしまうのです。

 

「なんか怠いな〜」「全然集中できないなぁ・・・」という時は、血液中にトリプトファンが増えすぎてしまい、セロトニンを過剰に作りすぎてしまっているのです。

 

そんな状況を打破できるのがBCAAです!

 

BCAAが増えることで、トリプトファンが脳にまで達するのを邪魔することができるので、集中力を高める又は維持することが出来るのです!

 

③運動時のエネルギー源になる

エネルギー源というと、脂肪や糖質というイメージがあるかと思いますが、アミノ酸もエネルギー源になると言われています。

 

高強度な運動が続く時に、アミノ酸からのエネルギー返還率は全体の10%はあると言われています。

 

たかが10%だと思っていてはいけません。この10%があるかないかで、全てを決めることもあるのです・・・

 

④男性ホルモンの働きを維持させる

筋肉を付けるには、ホルモンが非常に重要になってきます。

 

そのなかでも、テストステロンと呼ばれるホルモンがかなり大事。いわゆる男性ホルモンですね!

 

これが30分〜60分程度の運動レベルなら良いのですが、それ以上を超える運動になると、テストステロンの濃度がだんだんと低下してきます。

 

すると、せっかく頑張って運動したのに、筋肉の成長具合が低くなってしまうのです。

 

それを防いでくれのがBCAA。

 

運動前or運動中に摂取すれば、100%は無理にしても、テストステロンの濃度をなるべく下げさせないようにしてくれるのです!

 

本題。BCAAは摂るべきなのか??

ここまでBCAAについて熱く語ってきましたが、本題に戻りましょう。

 

BCAAは摂るべきなのか?それとも摂らなくて良いのか?

 

結論は・・・・

 

摂るべきだけど、サプリメントに手を出す必要はないと思う。

 

という感じですね!なんだか煮え切らない答えですね(苦笑)

 

この結論についてですが、ちゃんとした理由があります。まずBCAA自体は人のカラダにとって必要不可欠です。これはもうマストレベルで摂らないといけません。

 

しかし、普段そこまで運動習慣がない人や、トレーニング初心者の人がサプリメントに手を出してまで必要かというと、そこまでではないと思うんです。

 

というのも、BCAAのサプリメントを使うレベルの人たちは、かなり高強度なトレーニングをする人たちです。いわゆるアスリートや、ビルダーなどの人たちですね。

 

こういうハードなトレーニングを常習的に行っている人たちだと、その効果を実感することが出来ますが、そうでない場合はサプリメントを摂ったとしても、素晴らしい効果を実感できずに終わると思います。

 

よくAmazonのレビューとかでも、「BCAA飲んでも効果なかった」という声が多いのですが、こういう人たちはそもそもサプリメントで摂るレベルのトレーニングをしてない可能性が高いです。

 

なので、そこまで運動レベルが高くないのであれば、食事からBCAAを摂取するようにしましょう!

 

BCAAが豊富な食事

一般的に言われているのは・・・

 

・鶏胸肉

・まぐろ

・かつお

・卵

・牛乳

・豆腐

・お米

・そば

・ブロッコリー

 

などなど、挙げればキリがないですね(^^;;

 

これを見てお分かりかと思いますが、普段の食事でよほど偏った食事をしなければ、必要なBCAAの量は摂れるということになります!

 

BCAAも摂り過ぎは意味がないので、バランスの良い食事をすれば大丈夫です!

 

ついつい、ネットなどでサプリメントのページを見ると欲しくなってしまうかと思いますが、ご自身の運動レベルが上がるまでは摂らなくても良いと思いますよ(^ ^)?

 

まずは基礎を身につけましょう!!

 

結論

BCAAは必要不可欠だが、サプリメントを必ずしも摂る必要はない。

 

こういったところですかね!

 

いかがでしたか?BCAAについて少しでもお分かり頂ければ幸いです。

 

最後に余談にはなりますが、もし、BCAAのサプリメントを購入したいとお考えの方は、以下の比率を意識してみてください。

 

(理想)バリン:ロイシン:イソロイシン=1:4:1

 

(最低でも)バリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1

 

ぜひ、参考までにしてみてください(^ ^)

 

応援してます!!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。