腰椎椎間板ヘルニア

この記事の所要時間: 442

腰椎椎間板ヘルニアとは?

背骨には椎間板と呼ばれるクッションがあります。背骨に衝撃が掛かりすぎないようにする為の緩衝材みたいなものですね。その椎間板は外側を線維輪(せんいりん)、内側を髄核(ずいかく)という層構造で構成されています。

この外側を覆う線維輪は垂直方向の力には強い構造をしているので、普段ここが壊れることはありません。ですが、線維輪に繰り返しのストレスが加わったり、明らかに無理がかかるような動作をすることで線維輪が耐えきれなくなります。

そうすると、内側にある髄核が線維輪を突き破ってしまい、靭帯を押し上げるまたは椎間板の外に飛び出してしまうことで神経を圧迫します。この現象を椎間板ヘルニアと呼ばれています。

椎間板ヘルニアも非常に多い疾患の1つです。症状的には神経の出処によって異なりますが、腰の痛み・片方の足の痺れ・足の麻痺・便や尿が出なくなる・感覚がなくなるなどの症状が出ます。

整形外科での処置

まずはレントゲンやMRIなどの画像検査を行います。そしてどの場所にヘルニアがあるのかを診断します。椎間板ヘルニアの初期の場合は、神経に炎症を伴っているケースが多いので炎症を抑えるような処置を施します。

基本は薬を使っての緩和になります。そして現代医学では安静を指示されることが多いです。あまりにも症状が強い場合や腰痛のレッドフラグに引っかかる場合(尿や便が出ない・足の感覚がない)は手術を選択することもあります。

基本的には手術はしないようになっていますが、先生によっても処置の内容は変わるのが現状です。

一般的な民間医療での処置

基本的にはコルセットを販売したり、鍼灸の資格をお持ちの先生であれば鍼を使って処置されるケースが多いです。鍼灸師でなくても柔道整復師の先生や整体師の先生は腰回りや下半身を緩めたりするケースが多いです。

考え方的には整形外科と同じで痛みが強い場合は安静を指示したり、電気治療や超音波を使って痛みをブロックする方法が多いように思います。

ヘルニア自体の炎症が引けば運動を指示したり、ストレッチなどの処置を施します。

当院での処置

まずは椎間板ヘルニアのどの時期かによっても変わります。初期の場合は炎症があるので炎症を引かせる処置を施します。炎症を引かせるには脾臓(ひぞう)大腸胸腺(きょうせん)などの内臓を使ったアプローチが有効的になります。

次に炎症部位にストレスを集中させないように、他の部位の筋出力を上げたりなどして動かしやすい状態を作ります(特に足首が重要です)。患部には特殊な器具を使って痛みの緩和を促すような手法を使います。

なお、椎間板ヘルニアも実は心理的な要因が絡むので心理的なアプローチを使って早期改善も図っていきます。

それでも症状が強い場合は、痛みは伴いますが比較的早期に良くなるアプローチも選択するかもしれません。同意を得てからやらせて頂きます。

椎間板ヘルニアの誤解

一般的に言われている椎間板ヘルニアというのは本当の椎間板ヘルニアではありません。もし、本当の椎間板ヘルニアの場合、神経自体の機能が狂ってしまうので感覚が無くなったり、足が動かなくなったりなどの日常生活が送れないレベルの症状が出現します。

でも多くの場合は椎間板ヘルニアと診断されても本当のヘルニアではないので、我々のような民間医療でも改善できる可能性があるのです。

そして椎間板ヘルニアがあるからといって必ずしも痛みが出ることはありません。ある調査では健常な人の約78%の人に椎間板ヘルニアが見つかったという結果が出ています。

こういう風に考えると実は椎間板ヘルニア=痛みが出る、という図式は成立しなくなります。多くの場合は腰以外に何か問題があることが多いのでしっかりとした検査をしなくてはなりません。

もし、椎間板ヘルニアだと思ったら

まずは整形外科に行って精密検査を受けに行きましょう。もしかすると椎間板ヘルニアではなく、他の病気が絡んでいるケースも十分にありますのでしっかりと診てもらうことを強くお勧めします。

仮に椎間板ヘルニアと診断されたけど、本当の椎間板ヘルニアっぽくなければ病院以外の選択肢も視野に入れても良いかもしれません。

ここからが重要ですが、椎間板ヘルニアになると「一生腰痛は治らない」と思い込んでしまう人が多いです。ハッキリ申し上げますと、そんなことはありません。思い込みにしか過ぎないと言っても良いです。

椎間板ヘルニアの人でも腰痛がなくなる人はたくさんいます。それは腰痛は治るものだ!とその人が信じている結果だと私は思います。

治らないと思い込む前に、こういうセルフコーチングをしてみてください。

・どうやったら椎間板ヘルニアが治るのか?

・椎間板ヘルニアを治す理由は何か?

・椎間板ヘルニアのデメリットはなにか?

・逆に椎間板ヘルニアのメリットはなにか?

・椎間板ヘルニアが治った時の感情はどういう感情でいたいのか?

・それを達成するために”今”すべきことはなにか?

こういう感じでまずはご自身に問いかけてみて下さい。自分とのコミュニケーションは普段やらないと思いますのでなかなか答えが出てこないと思います。

しかし、考える癖を付けることで実は現状を好転させる可能性がグンと上がります。詳しい理由を聞きたい方はいつでもお聞きくださいね。

変な思い込みはせず、毎日をどういうふうに過ごせるのがあなたにとっての理想なのか?を考えて行動してみてください!

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。