腰痛

この記事の所要時間: 711

腰痛とは?

腰痛とは国民全体で非常に多い症状です。有訴者率(症状を訴える人)は女性よりも男性の方が多い症状で、医療施設受診者数は第5位とも言われています。

実をいうと腰痛は明確な定義がされていません。2012年に日本整形外科学会と日本腰痛学会が刊行した腰痛診療ガイドラインによれば”触知可能な最下端の肋骨から殿溝までの間に存在する疼痛”と一応定義されていますが、症状の出ている部位や発症期間、原因などによっても状況が変わってくるので何とも言えないのが現状です。

そして腰痛は急性腰痛慢性腰痛という分け方が出来ます。急性腰痛はいわゆる”ぎっくり腰”のような突然来る腰痛です。そして慢性腰痛は急性腰痛からの流れで起きるパターンと、原因は分からないけど腰痛になってしまうパターンとがあります。

そして慢性腰痛は約85%が原因が未だによく分かっていないと言われています。これだけ医学が進歩しているにも関わらず、腰痛の患者様は増え続けています。一説によると、慢性腰痛の患者様は年間の治療費に85万円〜180万円にも上るとも言われるほど、経済的な問題も多発しています。

整形外科での処置

整形外科ではレントゲンや必要であればMRIなどの画像検査から始める事が多いように感じます。画像上、腰回りに異常がなければ、これといった治療を施す事はないことが多いです。

あったとしても湿布薬や痛み止めの処方が一般的であり、中には筋弛緩剤、うつ病の患者様に使う抗うつ薬などの処方をする病院もあります。ケースバイケースで、神経ブロックなどの注射によって痛みの電気信号を一時的にストップさせる方法を選択される先生もいらっしゃいます。

あとは日常生活での指導や痛みが出たら安静にするといった指示が多いです。これは現代医学の特徴的でもある対症療法という一時的な処置になります。

どうして腰に痛みが出ているのか?、どこに負担が掛かっているのか?、原因はどこが考えられそうか?という根本の原因にフォーカスしての治療というよりも、痛みを一時的に消すことに主眼を置いた処置が多いので慢性腰痛(病気のないもの)に関してはあまり良い結果を出すことが少ない印象です。

一般的な民間医療での処置

多くの整骨院や整体では、腰回りの筋肉の緊張をほぐすような手法が多いです。電気治療、牽引療法、温熱療法、マッサージ、ストレッチ、ボキボキ矯正などが一般的な方法になります。

確かにこういった施術で症状が改善することも十分あります。しかし、腰回りに原因がない場合にはあまり効果が感じられないことが多いです。

整形外科と似た部分があり、どうして腰が痛くなったのか?という根本の原因をあまり探らないことが多いように感じます。

当院での処置

まずは問診の段階であらゆる可能性を探っていきます。それが構造的な問題なのか?それとも機能的な問題なのか?過去の怪我や病気が原因なのか?精神的なものが原因なのか?これらを可能な限り探っていきます。

そして体全体の可動域のチェック、整形外科的徒手検査、筋力のチェック、骨盤の可動域のチェック、背骨の動きなどもしっかりと見ていき、さらに東洋医学の腹診なども必要な場合はチェックします。

あらゆる検査を行い原因が把握出来た段階で、現状の状態をご説明します。そこから初めて施術に入ります。主に関節に対してアプローチを行い、関節を正常な位置に戻す施術を行います。これによって動きやすさはもちろん、感覚が正常になるので痛みの刺激なども軽減することが可能です。

必要であれば特殊な器具を使って筋肉の使い方を再教育させる手法、反射区とイメージを利用した内臓へのアプローチなども行います。

一言で言うと、全身を細かく診て根本的なアプローチを施します。

腰痛についての知識

今の日本ではなかなか腰痛に対しての理解が進んでいないように感じます。腰痛に関して言えばガイドラインの普及はもちろん、様々な角度からアプローチをしないといけません。

その中でも特に知っていただきたいことがありますので、是非ともご参照ください。

レッドフラグ

これはそもそも腰痛の中でも民間医療では取り扱いが出来ない場合の腰痛を指します。日本の腰痛ガイドラインには載っていない項目ですが、非常に大事な勧告です。以下がレッドフラグになりますので参考にしてみてください。

□ 発症年齢が20歳未満か55歳超
□ 最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)
□ 進行性の絶え間ない痛み(夜間痛、楽な姿勢がない、動作と無関係)
□ 胸部痛
□ 悪性腫瘍の病歴
□ 長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用歴
□ 非合法薬物の静脈注射、免疫抑制剤の使用、HIVポジティブ
□ 全般的な体調不良
□ 原因不明の体重減少
□ 腰部の強い屈曲制限の持続
□ 脊椎叩打痛
□ 身体の変形
□ 発熱
□ 膀胱直腸障害とサドル麻痺

もし、こういった場合はすぐに医療機関に行きましょう。重篤な病気が隠れているケースがあります。

運動をした方が痛みは軽減する

慢性腰痛(〜3ヶ月以上)の場合、運動療法を行うことで痛みが軽減されることがあるという報告がガイドラインに載っています。科学的根拠(以下エビデンス)のレベルでいうとグレードb、つまり中等度の効果が期待できるということです。

構造的に考えても、筋肉を動かすことで血液の循環が良くなり、筋肉の低酸素状態も改善できると同時に痛みの物質も流すことが出来ます。さらに脳内にあるドーパミンやセロトニンといった痛みを減らす物質なども運動によって多く分泌されるようになります。

こういったことから運動は行った方が良いそうですね。

心理的ストレスは腰痛の治りを悪くする

慢性腰痛は2年未満の再発率が高いと言われてたり、どんな治療を受けても腰痛がなかなか良くならない事が多いです。その背景には心理的なストレスが原因ではないか?という説が非常に有力です。

日本以外のEU諸国やアメリカなどの先進国でも様々な研究が行われており、心理的なストレスが腰痛を悪化させることに対するエビデンスはグレードA。つまり、大いに関係するという結果が出ています。

当院が心理的なストレスに対しての施術を行うのも、こういった各国のガイドラインを参照しているからなのです。

慢性腰痛は脳へのアプローチが効果的

慢性腰痛にお悩みの場合、脳内にある前頭葉(ぜんとうよう)や扁桃体(へんとうたい)、側坐核(そくざかく)と呼ばれる部位に問題が生じやすいと言われています。

慢性腰痛を改善するにはこういった脳へのアプローチも効果的であり、世界では認知行動療法という方法が推奨されています。認知行動療法は簡単にいうと間違った認識を修正していくことで、腰痛を改善させる心理的アプローチになります。このエビデンスレベルはグレードA。つまり大いに期待ができるということです。

そのほかにも認知行動療法に似たセルフワークもご紹介していますので、気になる場合は1日5分続ければ痛みが軽減するセルフワークを公開!をご覧下さい。

まずは諦めないことが大事です

諦める時点で腰痛は改善しません。何故なら意識が治らない方向に強く傾くからです。

人間の意識の強さをバカにしてはいけません。意識1つで物理的に不可能なこと(自動車を持ち上げるetc.)以外はほとんど解決できるとされています。

あなたも腰痛ではなかった時期があると思います。その時の状態に戻るには意識をまずは良い方向に保ちましょう。意識を保つためのセルフコーチングをお伝えします。

・どうして腰痛を治したいのか?

・またどうして腰痛になってしまったのか?

・腰痛になったことでのデメリットは?

・逆に腰痛になったことでのメリットは?

・腰痛を治す目的は何なのか?

・そしてその時の感情はどういう感情でいたいのか?

・その為に”今”何ができるのか?

まずはこれをご自身に問いかけてみて下さい。腰痛を治すにはあなたの意識を治す方向に持っていくのが第一です。それから施術だったり、運動が活きてきます。

その場だけ軽減するようなパフォーマンス系の施術よりも、超根本的な心の状態を整えるだけでも確実に腰痛は改善に向かっていきます。

ですのでまずは諦めないことが大事です。

日はまた昇る、それを信じましょう!何かご質問があればお気軽にご相談ください!

 

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。