ヘルニアの新常識

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 246

P1220062

前回に引き続きヘルニアについてお伝えします。

ヘルニアってなんだったっけ?

というかたはヘルニアって何なの?をお読みくださいね。

ヘルニアの新常識とは?

ヘルニアというのは厳密に言うと、90%以上の割合で本当のヘルニアではない

というのはご存知ですか?

「いやいや、意味分かんないし(´Д` )」という声が聞こえてきそうですね(笑)でも、これって信じてもらえないかもしれませんが本当のことなんです。

何で?と思いますよね?これはヘルニアの病態を機会があれば調べて欲しいのですがヘルニアというのは神経を刺激することによって下肢の痺れ(お尻〜足にかけて)、腰部の痛みが出現するという症状が出ます。

もし、本当に神経をやられていたら・・・

・足に力が入らない

・足の感覚がない

・失禁または尿閉(おしっこが出ない)を起こす

・そもそも歩けないetc.

こういう怖い症状が出てしまいます。これを聞いてどう思いますか?恐ろしいどころの騒ぎじゃないですよね?

それを踏まえて、あなたはこういう症状は出ていますか?もし、こういう症状が出ていたらすぐに病院に行って緊急手術となりますが、恐らくそこまではなっていないと思います。

え?病院ではヘルニアと言われたけど・・・

レントゲンを撮ったり、MRIを撮ったりしてお医者様から「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されたかたは多いと思います。

これは現代医学特有とも言える画像診断にて原因が見つかれば、それが今出ている症状の原因と自動的になってしまうのです。

実際に急性の炎症であれば椎間板の炎症による痛みなので、患部に問題があるという見方は間違っていないと思います。でも、急性の炎症期を過ぎて何年も痛いという方は、きっとヘルニアのせいで痛みが出ているわけではないと思います。

「何で何で!??」と思っちゃいますよね。

これは人間の素晴らしい防御反応とも言えるのですが、どこかに異常が出てしまうと脳が弱い部分を守ろうとします

そうなると周りの筋肉・関節・靭帯などが必要以上に緊張して、弱い部分を守ろうとするのです。

緊張状態が続くと血流が悪くなり、酸欠の状態になります。そのせいで痛みを感じやすくさせる物質が作られてしまい、痛みが出てしまうんです・・・。

”ヘルニア=痛い”は嘘なの??

先ほどお伝えしたように、神経に刺激が加わっていて神経症状や、眠れないくらいの激しく鋭い痛みがなければまずヘルニアだから痛いということはないですね。

なんでも健常な人の約78%はヘルニアを持っているというデータが出ています。実際にヘルニアがあっても腰に痛みの出ていない方は結構いらっしゃいます。

つまり、何でもかんでもヘルニアのせいにしてはいけないということです!

過剰にヘルニアのことを考えるのではなく、他の場所に原因があるのでは?と思うだけでも全然違った結果が生まれることが多いです。

結論

ヘルニアに捉われすぎないことが大事

こういったところですかね!

ヘルニアの症状はほぼほぼ良くなります。なので諦めずに頑張って下さい!

応援してます!!

p.s. 当院のHPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。