腰痛改善には体の声に耳を傾けることが必要

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 521

nouhinp1140925001

今回は腰痛についてお伝えします。

 

あなたにとって少しでもプラスとなれれば幸いです。

 

では、さっそく書いていきます!

 

腰痛

あなたは今現在腰痛に悩まされていませんか?

腰痛に悩む方は相当な数いらっしゃいます。

一説によれば3000万人くらいは腰痛に

悩まされていると言われています。

 

3000万人ってどのくらいの数なのかまったく

想像がつきませんね。

 

そんな腰痛ですが原因を見つけようと思っても

なかなかピンポイントに見つけることって

難しいし、出来ない方がほとんどな気がします。

 

もしかするとあなたもそうではないでしょうか?

 

今回はそんな腰痛の原因論的な話を中心に

書いていこうと思います。

 

腰痛の原因

腰痛の原因は数多く存在します。

それが腰自体に何か問題があるのか、

足の筋肉の硬さが原因なのか、

首や頭に何か問題があるのか。

言い出せばキリがありません。

 

僕も腰痛に悩まされた当時、一体なんでこんなにも

苦しい想いをしないといけないのか本気で悩んだ

こともありましたのでお気持ちはわかります。

 

「もしかすると何かやばい病気に掛かってしまって

腰痛が起きているのでは!?」

と思って内科に受診したこともありました。

 

でも結局何もなくて診ていただいた女医さんに

かなりキレ気味で「どうにかして欲しい!」

頼んだ経験もありましたね(笑)

 

今考えるとかなり厄介な患者だったかもしれません。

この場を借りて謝罪いたしますm(_ _)m

 

で、肝心の腰痛の原因についてなのですが

病気も怪我もないとして腰痛が出ているのなら

こういうことが考えられます。

それが・・・

 

体の連動性が悪い

これが考えられます。

 

「体の連動性ってなんなの??」

 

体の連動性という言葉に関してあまりピンと

来ないかもしれませんのでお伝えしますね。

 

体というのは肩を動かす動作にしても

様々な部位が働いて動きます。

 

手首や肘、肩甲骨、鎖骨、胸骨、背骨、骨盤などの

部位が連動して肩を挙げるという動作を行います。

 

これらの一連の動きを運動連鎖なんて言いますが

簡単に連動性と覚えてもらえれば大丈夫です。

 

そして、腰痛に悩まされている人の多くが

この連動性が悪いことで体に負担を掛けてしまい

腰痛となって症状が出ています。

 

普段の生活を思い出してみましょう

あなたは何か物を持ち上げる時に腰を中腰にして

膝などを使わずに持ち上げたりしてませんか?

 

歩いている時にしっかりと指を使って

蹴り上げていますか?

 

こういう些細なことを怠ってしまうことで

体にはストレスが蓄積されます。

 

そのストレスが溜まりに溜まってしまうと

バランスが悪くなってしまうので腰痛になりやすく

なってしまうのです。

 

車とかも同じですよね?

ずーっと100Kmくらいのスピードで走り続ければ

タイヤもすり減ってきますし、オイルも汚れますし、

エンジンそのものも悪くなります。

 

物にはどうしたって耐久性には限界が

あるので良くない使い方をすれば壊れてしまいます。

 

腰痛はそのサインなのかもしれませんね。

 

あなたが気をつけること

まずは体に負担を掛けないことから始めましょう。

 

靴の外側が磨り減りやすいなら親指側を使えてないので

親指側を意識して蹴り上げる。

 

ずーっと同じ姿勢をしているなら体勢を変えて

体をグーっと伸ばしたりする。

 

こういった些細なことでも構いませんので

意識をするように心がけましょう。

 

心がけ1つで体の使い方が変わってきますし

微妙な変化にも気がつけるようになります。

 

そういう微妙な変化に気がつけるようになれば

きっと変な体の使い方はしないと思うので

良い方向に進んできます。

 

最近思うのがやっぱり無関心って良くないと

思うんですよね。

 

例えば好きで好きでたまらない人に

「ごめん。あなたには興味がないから」

 

と言われたらどうですか?

多分1週間は家で体育座りをしながら過ごすことに

なると思います。

 

でも好きな人に少しでも興味を持ってもらえたら

めちゃくちゃ嬉しいし、モチベーションが天井知らずに

上がっていくと思うんですよね。

 

きっと体も同じことを思っています。

なので体の声に耳を傾けるというのが腰痛を改善する

為には必要になってくると思います。

 

結論

腰痛は体の連動性が悪いことで起こることがある。

まず、あなたが出来ることは意識して体を使うこと。

 

こういったところですかね!

 

具体的なハウツーをあえて書いていませんが

これはあなたにまずは考えて欲しいという願いから

書いていません。

 

何事もまずはしっかりと考えることから

始めた方がきっと良い成果を生みやすいので

大変だと思いますが頑張ってください!

 

p.s. 当院の概要はこちらからご覧になれます。

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。