腰痛と電気治療について

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 549

img_1349-p_thum

今回は腰痛についてお伝えします。

 

あなたにとって少しでもプラスとなれれば幸いです。

 

では、さっそく書いていきます!

 

腰痛

あなたは今現在、腰痛でお困りではないでしょうか?

もはや腰痛は一種の社会問題化している症状の1つ

となりつつありますよね。

 

僕自身も腰痛だった経験があるのでわかりますが

怒りのような感情がずーっとグルグルしていたのを

今でも思い出せます。

いや〜本当につらかったですね・・・(泣)

 

そんな腰痛を改善させるための1つの手段として

整骨院に行かれる方が多いように感じます。

 

そして整骨院でおなじみと言えば?

 

そうです。電気治療ですね。

 

この電気治療ですが実際のところ効果があるのか?

という部分について今回は書いていきます。

 

整骨院で90%以上の確率で置いてある電気治療

電気治療って本当にどの整骨院に行っても

ほとんど置いてありますよね。

 

僕も整骨院で勤めていた頃は使ってました。

パッドに水を染み込ませて肌にくっつけて

ビリビリ流すあの感覚って何とも言えないです(笑)

 

そんな電気治療ですがよく患者様に聞かれた質問

として多かったのはやはり効果の事でした。

「先生〜電気って効果あるんですか〜??」

 

多分合計で1000回くらいは聞かれたかも

しれませんね(笑)

 

そんな電気治療の効果ですが実際のところは

どうなのでしょう?

 

電気治療の効果は・・・

結論から言うと効果はあります。

 

ただし、条件付きです。

外傷時には効果を発揮してくれるということです。

 

「え?どういうこと??」

 

この効果を説明する前に体の原理原則を

お伝えしなければなりません。

 

体の原理原則

久しぶりにロジックな説明をします。

ちょっと緊張しますね(笑)

 

まず人間って感覚によって刺激される神経の繊維が

違うと言われています。

 

そして痛みの感覚に関係する神経繊維は

早く伝わるものもあれば比較的ゆっくり伝わるものが

あるんですけど詳しい名前などは割愛します。

 

で、その神経繊維が興奮している状態が続くと

痛みとして認知されてずーっと痛いんですね。

 

これがまず超大まかな痛みの原則です。

 

どれくらい大まかな説明かといえば

「ドラゴンボールってどんなストーリーなの?」

と聞かれた時に本来であれば登場人物やボスキャラ、

ドラゴンボール自体の話をすると思いますが

「ん?あー、あれは、その、バトル漫画だよ!」

 

というくらい大まかな説明です(笑)

かなり大まかなことが分かってもらえたかと

思います(笑)

 

そんな体の原理原則を踏まえて電気治療の役割は?

よく整骨院で聞く説明として

「電気をやることで固まっている筋肉に刺激が入って

血流をよくする働きがあります」

というような説明をされたかと思います。

 

たしかにこれも正解です。

筋肉は動かされるので血流も良くなることは

間違いではありませんからね。

 

ただ、もう少しロジックに考えると

痛みの神経繊維の興奮を抑えるといった方が

実は適切だったりします。

 

先ほどお伝えした痛みに関係する神経繊維は

比較的細い神経繊維です。

 

逆に触覚(触ったりする感覚)に関係する

神経繊維は痛みの神経繊維に比べて太いのです。

 

電気治療はまさにこの触覚に関係する神経繊維を

刺激して痛みの興奮を抑える役割をしているのです。

 

人間って不思議なことに太い神経繊維を刺激すると

それよりも細い神経繊維の刺激が弱まるんですよ。

 

電気はまさにそれを応用させた方法なんです。

 

ここで残念なお知らせが・・・

電気が効くということが分かったかと思いますが

きっとあなたは腑に落ちない部分があると思います。

それは・・・・

 

「いやいや、電気やっても全然変わらないよ!」

 

これは結構な数の人がそう感じていると思います。

 

これにはわけがあります。

元来、整骨院は怪我の手当てをしてもらう場所です。

骨折や脱臼、捻挫、打撲、肉離れなどの症状が

業務範囲だと法律で定められています。

 

電気治療のルーツを辿ると怪我の痛みを

少しでも緩和させるために作られた機械です。

 

つまり慢性的な症状にはそもそも向いていない

というのが現状です。

 

その効果はあったとしても微々たるもの。

それは単純に使い方を間違っているから。

 

残念ながらこれが事実なのです。

もっと詳しく知りたい方は腰痛診療ガイドライン

とネットで検索してみてください。

 

そこに電気治療の効果に関するエビデンスが

記されていますので興味があれば見てみると

良いかもしれませんね。

 

結論

電気治療は腰痛改善には向いていない。

 

こういったところですかね!

 

電気治療は単なる血流改善のために作られた機械

ではなく、しっかりとした理由があったのですね。

 

根本からの改善は出来ませんが痛みをコントロール

するという点では使い道はあると思います。

 

このことから分かるように根本的に解決するには

自分自身がもっと変わっていかないといけない

ということです。

 

電気に頼らずとも良いくらいの状態になれば最高ですね!

 

是非とも諦めずに前に進みましょう!!

 

p.s. HPを少し変えてみました。

→HPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。