テレビでやっていた腰痛特集を見て思ったこと

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 521

今回は腰痛についてお伝えします。

あなたにとって少しでもプラスとなれれば幸いです。

 

では、さっそく書いていきます!

 

とある番組で腰痛を特集をやっていました

昨日の話です。朝起きて新聞のテレビ欄を見ていたら腰痛特集の文字が目に入ったので録画をして見てみました。

結構有名な番組なんですかね?あまりテレビは見ないので分からないのですけど(笑)

 

そんな腰痛特集の番組は1時間くらいの放送枠でたまたま昨日は腰痛に関しての内容だったそうです。

 

そしてそれを見た感想をシェアしたいと思います。

 

結果から先にお伝えしますと・・・・

上手い!!と思いましたね。

え?何が上手いかって思いましたか??

それはパフォーマンスが非常に上手いなぁと感心したのです。

 

テレビって本当にすごい影響力がありますね!僕ももしこの仕事をしていなかったら確実に盲信していたと思います。

 

「ねぇ、パフォーマンスってどういうこと?」

 

視聴者をうまく惹きつけるのが上手いということですね。何に対してそう思ったのかというと仙腸関節の話でした。

 

あなたは仙腸関節という関節を聞いたことがありますか?

僕も数ヶ月前に実はこっそりと書いていました(笑)仙腸関節について詳しく知りたい場合は腰痛で考えられる場所1をご覧下さいね。ここでは大まかな説明をします。

 

仙腸関節は骨盤にある関節で仙骨と腸骨という骨によって作られる関節を言います。作り的に言うと昔は動かない関節であると言われてきましたが最近では2mmくらいは動くという事が分かってきました。

 

その仙腸関節が何らかの原因で動きが悪くなってしまう事で腰痛が起きる、というのが治療院業界でもメジャーになりつつあります。僕自身も腰痛に限らず怪我以外のすべての症状はこの関節を使って体を整えます。

 

そんな仙腸関節が腰痛の原因であって約8〜9割は仙腸関節由来の腰痛である!という説が最近流れています。今回僕が見たテレビもそれに近い感じでしたね。

 

仙腸関節の動きが出れば腰痛は治るのでしょうか??

そのテレビに出ていたお医者様は仙腸関節にブロック注射をして、仙腸関節の周りにある靭帯や筋肉を麻痺させつつ、仙腸関節自体の動きを整える方法だそうです

 

まだそこまでメジャーではないそうですが、以前から囁かれていたのは知っていました。

 

さて、そんな仙腸関節ですがここさえ動きが良くなれば腰痛は治るのか?という問題ですがあなたはどう思いますか?あなたの腰痛も仙腸関節を調整すれば治るとお思いでしょうか?

 

僕の見解からすると仙腸関節だけでは治らない事が多いと思います。

 

「え?何で??だってテレビで治るって・・・」

 

そこがテレビの上手いところです。あたかも仙腸関節さえ動きが良くなれば腰痛が治るんじゃないか?と錯覚させてしまう表現技法がふんだんに使われていますからね。僕みたいな超現実主義者には真似できないのが悔やまれます(笑)

 

仙腸関節が悪くなる原因を考えないといけません

仙腸関節が単独で動きが悪くなる事ってちょっと考えにくいんですよね。そもそもこの仙腸関節の役割は上半身から伝わる衝撃や重力を吸収して下半身に伝えることなんです

 

ここで少しあなたに考えて欲しいのですが、仙腸関節に負荷がかかりすぎて炎症を起こしたり動きが悪くなるというのがお医者様の意見です。でも仙腸関節に負荷が掛かりすぎているという事はどこか別の場所が上手く機能していないから仙腸関節に負担を掛けている、という見方もできると思いませんか??

 

少し話が複雑になってきましたが、仙腸関節が悪くなる原因がなんなのか?という事を考えないと根本的な治療とは言えないわけです。理由は結局のところ対症療法さほど変わらないからです。

 

たしかに腰痛患者様の大半は仙腸関節に問題があることが多いです。そこを調整かける事で良くなるケースもあります。しかし、多くの場合は仙腸関節だけ調整をしても症状の戻りが早かったり、むしろ変わらないケースなんかもあります。

 

それは仙腸関節が悪くなる原因を見逃しているからであって、実は解決に向かっていないという酷な現実があるからです。

 

「腰痛の原因は仙腸関節だ!」と断定的に言い切る人には注意しましょう

テレビでもあなたが現在通われているところでも構いませんが、断定的に言い切る人には是非ともご注意ください。

 

断定的に言い切る人ほど実は肝心なところを見落としている事が多かったり、変に自信過剰なのでミスをすることが多い印象があります。現にそういう人たちを何人も見てきました。

 

テレビの目的はあくまでも視聴率を取って宣伝することです。つまりセールスの場です。当然そこには派手なパフォーマンスをして観衆を引き付けないと番組として成り立たないので誇大広告的な表現もバンバン使います。

 

全てを否定するわけではありません。ただ話半分くらいに聞いておくのが正しい対処かと思います。

 

結論

テレビは話半分くらいにしておく。

 

こういったところですかね!

 

僕も久しぶりにこういう番組を見ましたが色々な気付きや発見があったので良かったです。ただあそこまで断定的に言い切ることが出来るのは才能でしょうね(笑)僕にはああいう才能は皆無です(笑)

 

是非ともテレビを盲信するのではなく、話半分くらいにして、自分自身でベストな選択を出来るように頑張ってください。応援してます!!

 

p.s. 何かご質問があればお気軽にどうぞ!→ご相談はこちらから

当院のHPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。