腰痛に運動は必要ない?そんな奇想天外な話は聞く必要ありません!

腰痛に運動は必要ない?そんな奇想天外な話は聞く必要ありません!
Pocket

この記事の所要時間: 346

腰痛に運動は必要ない説について

最近、SNSなどのネットサービスを中心に色々な情報が簡単に手に入るようになりました。そんな中でも腰痛に関することなんかはスゴい数の情報量があります。

ただ、最近僕が目にする中でちょっと疑問があったのが「腰痛を改善するのに運動は必要ありません!」という説ですね。

今回はこの腰痛に運動は必要ない説について持論を展開していきます!!

どうして腰痛に運動は必要ないと言えるのでしょうか?

これをまず考えてみましょう!

これは腰痛の原因は腰にないことが多い、という説が根強く支持されているからだと思います。一昔前では考えられなかったことですが、今では逆に定説化されつつあります。時の流れってスゴいですよね!(笑)

話しを戻しますと、腰に原因がないから腰周りを鍛えたとしても改善には結びつかないという意見だと思うのですが、ん〜・・・

ちょっと疑問ですね(笑)

慢性腰痛は再発率が高いという事実があります

慢性腰痛は基本的に2年未満で再発をする方が多い症状です。これは何ででしょうか?

今流行りのストレスが原因?それももちろんあるとは思いますが、原点に帰ると腰を支える筋肉が弱くなっているからです。

この筋力不足という問題に目を背けることで再発率を高くするのではないか?と僕は思いますね。

現代人は深刻な運動不足に陥っています

もはやシャレにならないと思うんですね。だって江戸時代くらいの日本人って1日100kmくらいは余裕で走っていたらしいですし、ご高齢の女性でも1個約60kgの米俵を5個も担げるくらい力持ちだったんです。

もちろん筋力だけではないのかもしれませんが、体の使い方が上手いだけで1日100km走ったり、スクワットを連続で1500回なんて出来ないと思うんです。僕も日常的に鍛えてはいますが、昔の日本人に比べると足元にも及びません。

恐らく今のオリンピック級のアスリートクラスが、1つの村に何十人といたのかもしれませんね。いや〜本当に昔の人たちって凄いですね(笑)

昔は今みたいに車も自転車も電車もない時代ですから、毎日が重労働です。考えてみれば体が強くなるのも必然かもしれません。さすがに生活レベルを江戸時代に持っていくのは無理ですけど、少しは見習うべきではないですかね?

話しが少し逸れましたが、現代人は運動不足に陥っているために腰を支える筋肉が弱くなってしまい、腰痛が長期化もしくは再発するのではないか?と思います(*_*)

以上の理由から腰痛改善には運動が必要ないという説は立証出来ないと思います!単刀直入にいいます、もう鍛えましょう!(笑)

具体的にはこの筋肉を鍛えると良いです!

それは多裂筋(たれつきん)という筋肉です!この筋肉はいわゆるインナーマッスルと呼ばれる筋肉で、深い部分の筋肉です。ちなみに多裂筋はこんな感じです。

背骨の両サイドにびっしりくっ付いている筋肉でして、背骨を支えるには超重要な筋肉になります。

例えば、前かがみをした時に腰が痛い場合は高確率でこの多裂筋が関係しています。多裂筋が弱いことで背骨を支えきれず、腰回りの組織が余計に頑張りすぎることで痛みが出るといったケースが本当に多いです。

明確な数値は出していませんが、80%くらいは関係あると思ってもらってもいいくらいですね。

もしあなたが自力で腰痛を改善したい、腰痛の再発を防ぎたい、丈夫な体を作りたいとお思いでしたら多裂筋を鍛えると良いでしょう。

鍛え方についてはまた後日書かせていただきますので割愛します。一刻も早く鍛えたい方はネットに大量の情報がありますから参考にされると良いと思います!

結論

腰痛に運動が必要ない説は無茶がある。

こういったところですかね!

腰痛の原因は腰痛以外に原因がある、これに関しては僕も賛成です。しかし考え方を変えると腰が弱体化するのが発信源の可能性もあるので、腰を強化すれば腰痛は軽減できるとも言えるんですね

それに運動は腰痛の有無に限らずやったほうが良いのは確実です。筋肉を強くするだけではなく、ストレスも軽減出来ますし、ホルモンバランスも整うし、免疫力も高まるのでメリットが大きいです。

極端な情報発信が最近増えていますので、鵜呑みにし過ぎず自分で創意工夫して頑張ってみてください!

応援してます!!

p.s. 当院のHPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。