腰痛は食べる量さえ減らせば90%は改善する

腰痛は食べる量さえ減らせば90%は改善する
Pocket

この記事の所要時間: 319

腰痛は食べる量さえ減らせば90%改善する

腰痛を手っ取り早く改善する方法って何があると思いますか?

・運動をする

・バランスの良い食事をとる

・1日6〜7時間は寝る

・スマホをあまりいじらない

・とにかく笑う

探せば色々あります。ですが、個人的に思うことは食べる量さえ減らせば腰痛は約90%くらいは改善すると思うんですね。

「それは言い過ぎでしょ!!」と思うかもしれませんが、実はそこまで盛っている話しではありません。その理由を書いていきます!!

人間の体は食べたもので出来ています

これは聞いたことがあるかもしれませんね!

栄養学的な話でもよく出てくるワードですし、メディアでもよく取り上げられるようになったのでポピュラーな考え方かと思います。

こういった考え方をもとに、ご自身の生活でもなるべく体に良いものを摂るように心がけている人も増えてきました。

ですが、大前提として現代人は食べ物を食べ過ぎているという問題もあるんです!

”飽食”と呼ばれる日本

日本に住んでいれば食に困ることはほとんどないでしょう。食べ物が溢れかえっているので好きなときに何でも食べることが出来ます。

これ自体はすごい良いことですし、日本という国がどれほど恵まれているのかがわかりますよね!

ただ、元々の日本人のライフスタイル的に1日2食以上食べるというのは体的に向いていないみたいなんです(^^;;

1日3食は食べ過ぎ??

「でも1日3食は健康に良いっていうじゃん!」

たしかにお医者様もよく仰ってますよね!1日3食が習慣になったことで平均寿命は延びましたし、昔の日本人に比べると体格も大きくなったのでメリットはあったと思います。

でも、その結果として生活習慣病が蔓延したのも事実です。代表例でいうとガンなんかはまさに食生活が関係している病気ですね。

ガン以外にも遺伝病や慢性疾患、身近なところでいえば腰痛や肩こりなども食生活が関係しています。

どうして食べ過ぎは良くないの??

これは様々な考え方があるので一概には言えませんが、食べ過ぎることで内臓の機能が食べ物の消化や吸収に追われます

人間の内臓は1度に1つのことしか基本的には出来ないので、消化や吸収以外の機能が使われなくなります。そうなると自然治癒力も低下しますし、神経系やホルモンなどにも悪影響を与えることになります。

つまり、食べる量を減らせば消化吸収以外の機能も使えるようになるので、治癒能力も高まるようになるのです!

具体的にどうすればいいの??

食事の量を減らすことのメリットが何となくお分りいただけましたか?

具体的に何をすれば良いのかというと、とりあえず1回の食事で腹八分目くらいに抑えるようにしていきましょう!

いきなり1日2食や断食などをやるとそもそも続かないですし、かえって体に大きな負担を与えることになります。

まずは腹八分目くらいに抑えるところからスタートすれば良いと思います。あとは間食を控えたり、よく噛んで食べる、砂糖は極力控えるなどもやってみると良いと思います。

「でも本当に食べる量減らせば腰痛は良くなるの?」

大丈夫です!僕も1日2食にした途端に腰痛などの慢性痛が軽減しました!自分で体感しているので自信を持ってお勧めできますね。

不安になるお気持ちもわかりますが、この方法は試す価値は大いにありますので是非とも始めてみてはいかがでしょうか(^ ^)?

結論

食べる量を減らせば腰痛は改善する

こういったところですかね!

この方法ならお金が掛からないどころか、コスト削減もできます(笑)

簡単かつ今すぐにできる方法なので、まずは食べる量を減らして腰痛を軽減出来るように頑張ってみてください!応援してます!!

p.s. 当院のHPはこちら

 

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。