腰痛だからといって、枕を変える必要はあるのか?

腰痛だからといって、枕を変える必要はあるのか?
Pocket

この記事の所要時間: 331

「わたし、腰痛だけど枕ってちゃんとしたのに変えた方が良いですかね?」

 

とある患者様から質問を受けました。

 

たしかに枕の問題も結構クローズアップされていますから、気にはなってしまいますよね?

 

今回はそんな腰痛と枕について書いてみようと思います!

 

腰痛だからといって、枕を変える必要はあるのか?

いつ頃からかは忘れましたが、気がついたら腰痛と枕の問題が大きな話題を生むようになりましたね!

 

オーダーメイドで枕を作ったりする場所も増えましたし、研究に研究を重ねて開発された枕もありますから、いつの間にか壮大な話になっていますね(^^;;

 

さて、今回の患者様からのご質問ですが、これを読んでいる方も気になるところだと思います。

 

ですので、分かりやすく簡潔に回答したいと思います!

 

寝ることが出来ればなんでも良い

 

というのが僕の中の結論です( ̄ー ̄)

 

1番大事なことと言えば・・・

寝ることです。

 

睡眠を摂ることで動物は回復します。理想で言えば、寝れば完全回復!というのが理想ですね。

 

なので、寝ることが出来ているのであれば、そこまで気にする必要はないです。

 

というよりも、どうして枕1つでここまで大きな問題になったのかがイマイチ分かりません(^^;;

 

だって枕ですよ?枕1つで腰痛が治るんだったら、今頃腰痛に苦しむ人だって減っているはずです。

 

どうしてこうなってしまったのかというと、枕販売を行う治療院が増えたからではないか?と思っています。

 

治療院で枕を販売する

これを否定するつもりはありませんが、1個数万円〜数十万の枕を販売するというのは、普通に考えたらどうでしょう?

 

常識の範囲内で考えると、高過ぎると思うんです(^^;;

 

僕が使っている枕なんて数千円ですから、10倍も100倍も高いということになります。そのお金があったら、僕はプロテインか筋トレの器具に使いますね(笑)

 

効果はあるのかもしれませんが、本当に枕だけで腰痛が治るんだったら、医学の常識が根底から覆されますね。

 

言い方は悪いですけど、本当に患者様のために販売しているのか?が疑問に思えてしまいますね・・・

 

枕を変えるよりも・・・

生活習慣を変えた方が良いでしょうね。

 

寝つきが悪いのであれば、神経の問題も考えられますし、内臓の機能も低下しているかもしれません。

 

こういった根本の問題を変えていった方が、圧倒的に成果が出ると思います。

 

たしかに、寝やすい枕もあります。でも、それは表面的な話であって根本の解決には至らないことが多いです。

 

もし、枕選びにご執心されているのであれば、一度立ち止まって考えた直した方が良いかもしれませんね・・・

 

結論

枕にこだわるよりも、生活習慣を見直す方が成果が出る。

 

こういったところですかね!

 

あくまでも僕の持論なので、全てが正しいわけではありません。

 

なかには枕だけで腰痛を完治させた方もいると思いますから、100%枕を否定することは出来ません。

 

ですが、僕が今まで色々な患者様を見させていただいた結果として、今回の結論に至りました。

 

是非とも頭の片隅に入れておいてくださいね(^ ^)

 

応援してます!!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。