坐骨神経痛って何ですか?

坐骨神経痛って何ですか?
Pocket

この記事の所要時間: 39

今回は坐骨神経痛についてお伝えします。

坐骨神経痛ってよく聞く名前だとは思いますが、結局のところどういうものなのかって聞かれてもピンときませんよね?

意外と奥が深いので是非とも参考にしてみて下さい。

坐骨神経痛は病気なのか?

これについて話さなければなりません。

坐骨神経痛がそもそも病気ではなく、症状の名前なのです。これを知らない方が結構多いのでこの場で覚えてくださいね。

坐骨神経というのは2つの神経が合わさって出来る神経です。

細かく言うと脛骨神経(けいこつしんけい)総腓骨神経(そうひこつしんけい)という神経が合わさっているのでこの2つの存在を忘れてはいけません。

 

 

僕は何年か前に、解剖実習という献体を観察させてもらう勉強会に出席した際に、坐骨神経の走行や大きさをみた時に感動したのを覚えています。

何に感動したのかというと、坐骨神経は人体最大の末梢神経と教科書に書かれていてどのくらい大きいのか気になっていました。そして実際の坐骨神経を見てその大きさに感動したのです。太さは大体小指くらいありましたね。

坐骨神経に感動したとか少しヤバイ人だと思われちゃいますね(笑)

とまぁ細かな解剖はこれくらいにしておいて、坐骨神経というのはあくまでも症状の総称を言っているので病気ではないのです。

でも病院で坐骨神経痛って診断されたけど・・・

すべてのお医者様がそういう人たちばかりではないでしょうけど、困った時によく使うそうです。

はっきり言って原因がよく分からないけど足が痺れているもしくは痛いという時って何が原因でそうなっているのかを考えるのって結構大変なんです。

そういうこともあって、お医者様は坐骨神経痛という分かり易い言葉で患者様に納得をいただくケースが多いです。

何で坐骨神経痛って起きるの?

これは一言で説明するのは非常に難しいです。

何故なら腰回りに起きる病気や怪我は数が多く、それぞれが全く違う原因を持っているので一色端には言えないのです。

主に坐骨神経痛を起こす病気といえば・・・

・腰部椎間板ヘルニア

・腰部脊柱管狭窄症

・腰椎分離症

・腰椎すべり症

・脊髄腫瘍etc.

これらが原因となることが多いですね。

もちろん細かく分ければもっとありますがこれ以上書くと、まとまりがなくなるのでこれくらいにしますね(笑)

結論

坐骨神経痛は病気の名前ではなく症状の総称である。

原因はそれぞれの病気によって異なるため病気自体の特性を知らなければならない。

あとこれも意外と知られていないのですが、一般的に言われている坐骨神経痛というのは本来の坐骨神経痛とは違うということも覚えてください

大多数の方が言っている坐骨神経痛というのは偽坐骨神経痛と言われております。

本来の坐骨神経痛というのはヘルニアの時にも書きましたが

・足に力が入らない

・感覚が全く感じない

・失禁や尿閉を起こす

・夜も眠れない程の激痛が起こる

こういった半端じゃない症状を坐骨神経痛と言います。医学的には真性坐骨神経痛とも言いますね。

僕も今まで1人だけ真性坐骨神経痛の方を見させてもらいましたが、重症すぎて何も出来なかったことを覚えています。

真性坐骨神経痛の場合は、僕らのような徒手療法ではどうすることも出来ないので、すぐに整形外科医に掛かることをお勧めします。

長くなりましたが、坐骨神経痛は病気ではないということだけ覚えておいて下さいね!

p.s. 当院のHPはこちら

 

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。