腰部脊柱管狭窄症

この記事の所要時間: 426

腰部脊柱狭窄症とは?

背骨の中には脊髄が通るトンネルがあります。それを医学的には脊柱管と呼びます。

その脊柱管が狭くなってしまうことで、脊髄を圧迫して痺れや痛みが出てしまう病気のことを言います。

 

脊柱管狭窄症は大きく2つに分けることができ、先天性後天性に分けることが出来ます。

先天性の場合は、元々生まれた時から脊柱管が狭い状態で成長しているので遺伝的な要因が大きいです。

 

一方の後天性の場合は、脊柱管狭窄症の大部分を占めています。

理由としては加齢の影響で背骨が変形してしまうことで脊髄を圧迫しやすい状態を作ってしまうことが原因です

 

脊柱管狭窄症の主な症状としては腰痛臀部の痺れ(両側に出ることが多い)体を反らすと痛みと痺れが出る逆に前かがみになると楽になるというのが自覚症状です。

あとは脊柱管狭窄症特有の症状としては、間欠性跛行(かんけつせいはこう)というものがあります。

間欠性跛行とは10分くらい歩くと痺れや痛みが強くなってしまい、その場で休まないといけないくらい辛くなってしまうけど、5分くらい休むと症状が軽くなってまた歩くことが出来るようになる。

こういった増悪と寛解を繰り返すような歩き方を間欠性跛行と呼びます。

整形外科での処置

基本的には例にならってレントゲンやMRIの画像検査を行います。

そして手術以外の方法としては神経ブロックを行ったり、装具をつけたり、リハビリ、投薬などを行います。

それでも症状が改善しない場合や重篤な場合には、脊柱管のスペースを確保することを目的に手術を選択します。

一般的な民間療法での処置

腰〜脚にかけてマッサージを行います。脊柱管狭窄症のタイプにもよりますが、急激な力での矯正行為は禁忌事項とされています。

ですのでマッサージ、電気治療、温熱療法、鍼などを用いて症状改善を図ります。

当院での処置

整形外科的徒手検査を実施した後に、今その患者様がどのステージなのか?(炎症期なのか慢性期なのか)を見極めた上で手技療法を選択します。

基本的に感覚がない、どの姿勢でも症状が変わらない、夜間での痛みがずーっと続くなどの禁忌事項がない場合は脊柱管に掛かるストレスを軽減させるために骨盤にフォーカスした施術を施します。

そして神経性の炎症の場合、副交感神経の働きに問題があるので副交感神経の働きを高める手技療法(頭蓋骨を使った方法)を行います。

症状と時期にもよりますが、大体の場合は5〜7回の間に症状が寛解するケースが多いです。それでもなかなか良くならない場合には手術を勧めることがございます。

脊柱管狭窄症と閉鎖性動脈硬化症

脊柱管狭窄症は閉鎖性動脈硬化症との鑑別が必要になります。脊柱管狭窄症だと思ったら実は動脈に問題がある、というケースが少なくないからです。

閉鎖性動脈硬化症の場合にも間欠性跛行が出ますが、脊柱管狭窄症とは違い体を後ろに反らせて痛みが出るなどの症状は出ませんし、痺れや痛みというよりかは重だるさが特徴的ではあります。

これも基礎疾患が絡むので、血圧に問題があったりする場合は一度病院での精密検査も必要にはなってきます。

脊柱管狭窄症との向き合い方

脊柱管狭窄症は日本で約120万人の方が発症しています。症状も人それぞれですが、非常に大変な疾患であることは疑いようがありません。

そして手術をしないと脊柱管のスペースを確保することは出来ないので、半分諦めてしまうこともあるかと思います。しかし、脊柱管狭窄症だからと言って一生症状が変わらないのか?というとそれは違います。

実際に脊柱管狭窄症であっても、背骨に掛かる普段を取り除いたり、症状に対する考え方を変えるだけでも予後が大きく変わってきます。画像診断上、手術以外では治らないと宣告された方でも手術なしで日常生活を十分に送れる方も何人も見させていただきました。

こういった過去の経験も含めますと、100%治らないと決めつけるのは極端すぎるのではないか?と感じます。

もし、今現在で脊柱管狭窄症にお悩みでしたらご自身でこういうセルフコーチングをしてみて下さい。

・脊柱管狭窄症が治らないという根拠は何か?

・脊柱管狭窄症で治っている人たちの特徴は何なのか?

・脊柱管狭窄症を治したい理由は何なのか?

・脊柱管狭窄症でのデメリットは何か?

・逆に脊柱管狭窄症でのメリットは何か?

・治った時の感情はどういう感情でいたいのか?

・そのために”今”自分で出来ることは何なのか?

これをご自身で問いかけてみて下さい。こういった自分自身でのコミュニケーションというのは普段取ることはありません。そして自分のことは1番よく分かっているようで分かっていないのが人間です。

まずは自分を見つめ直して精神的に安定をさせることがスタートです。これが出来ると行動の質が大きく変わりますので、今までは違った結果を生みやすいです。

諦めずに色々と模索してください。そしてわからない事や、疑問点などが浮かび上がってきたらお気軽にご相談下さい。お役に立てれば光栄です。

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。