膝を曲げた時に痛い場合のポイント

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 445

dsc_2420

今回は膝の痛みについてお伝えします。

 

少しでもあなたにとってプラスとなれれば幸いです。

 

では、さっそく書いていきます!

 

曲げるときに膝が痛い

こういったお悩みってあるあるですよね?

膝を曲げると痛くて仕方がないというパターン。

僕も数年前はこの膝の痛みに苦しめられました。

今では良き思い出です(笑)

 

それで、何で膝を曲げたときに痛みが出るのか

考えた事はありますか?

 

実は様々な要因がそこには絡んでくるので

一概には言えませんが何個かご紹介したいと思います。

 

膝関節自体の問題

まずは患部である

膝関節に限局したお話をします。

 

膝の関節は大腿骨脛骨膝蓋骨(お皿の骨)

よって構成されます。

 

そして膝の曲げ伸ばしをするときは

単純な動作ではなく、関節内部では少し変わった

動きを展開しています。

 

それが転がり運動すべり運動です。

この運動は膝を伸ばした状態から完全に曲げ切る

までの一連の動きの事を言います。

 

転がり運動は少し膝を曲げたとき(30度)に

発生し、そのまま徐々にすべり運動が発生し

最終的にはすべり運動のみとなります。

 

この両者の動きを診て判断する事も可能です。

転がり運動が悪いと思えばそれを修正して

すべり運動が悪いと思えばそれを修正する。

 

これがオーソドックスな方法ですね。

 

股関節の問題

これもよくあるパターンです。

股関節と膝関節はかなり関係が深いです。

 

何でそんなに股関節が重要なのかというと

股関節の位置が重要なのです。

 

実は人間というのは色々な決まり事があります。

その決まり事というのは許容範囲です。

これ以上行くと痛みが出るとか体的にはよくない

という基準が存在します。

 

それは足にもあります。

足全体ではありますが、股関節の位置によって

ダイレクトに反映されます。

 

ガニ股になると膝の内側が痛くなりやすく

内股になると膝の外側が痛くなりやすい

というようにそれぞれ決まりがあるんです。

 

当然の事ながらそんな状態だと

曲げるときにも変な負荷が掛かるので

やはり痛みとして出現しやすいですね。

 

詳しい話をすると眠くなるので割愛します(笑)

 

背骨の可動性が悪い

これまた意外な部位ですね。

 

背骨の可動性は他の関節を動かす時に

かなり大事になってきます。

 

背骨の動き自体が悪いと体の機能も

それに伴って悪くなってしまいます。

 

筋肉や神経、内臓の機能なんかも落ちます。

それだけ背骨は大事なのです。

 

そんな背骨は頚椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎

というパートに分けられます。

 

これらは規則性を持ったカーブを描きます。

そのカーブが極端に悪くなってしまうと

構造的に問題を生じます。

 

こういった構造的な問題が起きると

骨の圧縮力や靭帯の張力も失われてしまい

体自体を支えきれなくなるのでその負担が

各関節や筋肉に行きます。

 

その影響が膝を曲げると痛いなんていう

症状を起こすんですね。

 

短絡的に考えるとこんな感じです。

 

徒手療法で期待できること

僕らのような治療家はお医者様とは違い、

診断をすることが法律的に出来ません。

 

なのでレントゲンも撮れませんし、

手術も出来ません。

 

でも動作を分析したり、どこに制限があるかとか

逆にどこを抑制させるかなど見ることが出来ます。

 

これは正直な話、一般的なお医者様よりも

得意ではないかなと思っています。

 

なので動作を分析して、客観的に評価し

さらに徒手検査も加えてある程度の見立てをし、

施術を施して再度評価するという一連の流れを

行える治療家にまずは診てもらうのもアリだと

思いますね!

 

きちんとした見立てをできる治療家は

きっといると思うので膝の痛みでお困りの際は

徒手療法での施術を検討してみては?

 

結論

膝を曲げて痛い場合は下記の原因がある。

・患部自体の問題

・股関節の問題

・背骨の可動性の問題

 

こういったところですかね!

 

もちろん膝の曲げた時の痛みは

それ以外にもありますがメジャーな部分を

抜粋してお伝えしました。

 

これを参考にしてもらって痛みの改善に

役立ててくださいね!

 

p.s. 当院の概要はこちらからご覧になれます。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。