単なる疲れかと思いきや、実は半月板を損傷していた?

単なる疲れかと思いきや、実は半月板を損傷していた?
Pocket

この記事の所要時間: 327

「うちの主人が太ももの裏が痛くて動けなくなったので、見てもらえますか?」

 

当院に来ていただいている患者様の旦那様が、急に太ももの裏側に痛みが出てしまった影響で動けなくなってしまったそうなのです。

 

今回はその患者様のエピソードを元に、気をつけて頂きたい注意事項も合わせてご紹介したいと思います!

 

単なる疲れかと思いきや、実は半月板を損傷していた?

いつも来ていただいている患者様(以下、Mさん)に、お話を聞いた時は

 

「ん〜、肉離れとかかな??」と思っていました。

 

寒い時期なので筋肉も硬くなり易いですし、意外と多い症状なのでそんな感じで思っていました。

 

で、Mさんの旦那様を見させてもらうことになり、さっそく検査をしました。

 

すると、予想を大きく超えるくらいの重症度だったのです。

 

何がそんなに酷かったのかというと、半月板を損傷している感じがあったのです!

 

半月板とは?

半月板は、膝の関節の内部にある軟骨組織です。

 

主にクッションとしての役割があり、衝撃や摩擦などの物理的なストレスを軽減してくれます。

 

この半月板という軟骨組織は、内側と外側にあります。

 

割合的にいうと、内側の半月板は損傷するケースが多く、スポーツ障害などでも代表格と言われる場所なのです。

 

しかし、Mさんの旦那様は外側の半月板を損傷している感じで、立ち上がるのも・歩くのも・寝返りを打つのも大変だという感じでした。

 

「疲れが溜まっているだけかと思った」

と、Mさんの旦那様は仰いました。気持ちは分かります。疲れによって引き起こされるケースもありますからね。

 

ただ、明らかに痛み方がおかしいと感じた場合(歩けない、力が入らないetc.)は、疲れというよりも外傷を疑う方が良いでしょう。

 

一応、柔道整復師でもありますし、このまま何もせず帰っていただくのも可哀想だったので、施術はしました。

 

結果的に言えば、9割くらいは症状が軽減したのですが、また戻ってしまう可能性が高いですし、何より心配なので病院に行くことをお勧めしました。

 

半月板を損傷するとどうなるの??

怪我の程度にもよりますが、手術を勧められるケースが多いです。

 

半月板は血液の供給が少ない場所なので、自然に治ることはまずありません。断裂しっぱなしの状態なのです。

 

これを放っておけば、関節の内部も変形を起こし、長期的に痛みを引き起こし続けることにもつながります。

 

なので病院に行けば手術を勧められることが多いのです。

 

もし、明らかに変だと思った場合は・・・

病院に行くことをお勧めします。

 

やはり精密検査を行うことは大切です。カラダの中は見ることが出来ないので、画像機器を使って判断するのが正確です。

 

それを行った上で、徒手による検査を行えばより確実な判断が下せます。

 

なので、明らかに疲労による痛みじゃないと感じた場合は、病院に行くことを強くお勧めします!

 

結論

明らかにおかしい、と感じたらまずは病院に行った方がいい。

 

こういったところですかね!

 

半月板損傷は、1回のケガでなくても反復的な衝撃によっても起こります。

 

是非とも気をつけてくださいね!

 

応援してます!!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。