半月板損傷について

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 452

P1220332

今回も膝の痛みについてお伝えします。

僕も以前膝を怪我したのですがその古傷が

最近疼いています。

 

そんな事もあって膝の痛みにクローズアップして

書いていこうと思います!

 

紹介する疾患

今日お伝えする疾患は半月板損傷です。

あなたも名前は何となく聞いた事があると思います。

 

半月板損傷といえばスポーツ選手などに多いです。

それこそ僕は柔道をやっていたものですから

半月板を痛めた選手が周りにも多くいました。

 

そんな半月板ですが膝の関節の中でも

かなり重要な部位である事はご存知でしょうか?

 

「何がそんなに重要なの?」

 

さっそく半月板の大まかな機能を書きます!

 

半月板の仕組み

 

半月板は内側と外側に1つずつあります。

内側はC字になっていて外側はO字になっています。

 

半月板の主な機能としては膝の関節に掛かる負担を

吸収するクッションの役割をしています。

 

膝の関節は構造的に不安定になっています。

それを半月板があるおかげで曲げたり伸ばしたり

という運動をしやすくもしてくれています。

 

内側は比較的周りの組織が強靭で安定した構造を

していますが、外側は反対に不安定な構造をしていて

動く範囲が大きいのも特徴的です。

 

ざっくりですがこれが半月板の主な仕組みです。

これだけを見てみても半月板は結構重要な役割を

していることがお分りいただけるかと思います。

 

半月板を痛めた時の症状

ここからは半月板損傷の症状を書いていきます。

 

半月板損傷の原因としてはスポーツでの怪我が

多いですが、加齢によって半月板が弱くなり自然と

切れてしまう事もあります。

 

重症度が高いのは圧倒的に怪我をした時です。

怪我をするパターンとしてはジャンプをして

着地した時に、膝が内側に入ってしまったことで

内側の半月板が切れてしまうというパターンが多いです。

 

なのでスポーツ選手に指導するトレーナーは絶対に

膝が内側に入らないようにと念を押すそうです。

 

主に出てくる症状としては

・歩く時に引っかかる

・炎症が出れば水がたまる

・曲げると痛い

・膝が曲がったまま元に戻らなくなる(ロッキング現象)

 

などが一般的に多いと言われます。

実際に僕が見させて頂いていた患者様も

ロッキング現象を引き起こすような重症な方もいました。

 

特に内側の半月板は痛めないで欲しい理由

先ほど書いたように半月板は内側と外側にあります。

この時に内側の半月板の損傷だけは避けて欲しいです。

 

理由としては内側の半月板は基本的に周りの組織が

強靭で守られています。

このおかげで我々は何不自由なく過ごせます。

 

でもその分、可動性がないので少し無茶をすると

すぐに壊れてしまいます。

 

もともと内側の半月板を怪我する事が多いのですが

半月板だけでなく、周りの靭帯も一生に怪我をする

ことが多いので治りがとても悪いです。

 

しかも半月板を怪我すると高確率で膝の関節は

変形を起こしてしまいます。

 

以前お伝えした変形性膝関節症というものです。

 

こういう理由から内側の半月板は絶対に怪我を

して欲しくないですね。

 

あっ、だからと言って外側は怪我してもオッケー

というわけではないですからね(笑)

 

半月板を痛めた時の対処

まずは医療機関を受診しましょう。

そこでMRIなどの精密検査をして怪我がないかを

しっかりと見てもらった方が安心です。

 

そして患部をとにかく冷やして炎症を押さえます。

 

あとは医療機関によっては手術を選択したり

固定具を付けるようにと促されたりと色々ありますが

相談しながら行いましょう。

 

ある程度回復して炎症が引いてきたら

内ももの筋肉を鍛えて膝の関節を安定させましょう。

 

方法としては両ももの間に枕やタオルを入れて

ギューっと潰す方法です。

 

これを1日10回×2セットくらいやりましょう。

多分以前の記事にも書いてあった方法と被りますが

中長期的に見たら効果的な方法なので再度お伝えします。

 

結論

半月板は内側と外側に1つずつある。

怪我をすると非常に厄介。

もし怪我をしたら医療機関を受診して適切な

判断を仰ぐようにする。

炎症が引いたらその後は内ももの筋肉を鍛える。

 

こういったところですかね!

 

半月板は1度怪我をしたら元に戻りません。

ですのでくれぐれも怪我だけは避けましょう!

そして信頼できる先生に見てもらって下さいね!!

 

p.s. 当院の概要はこちらからご覧になれます。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。