骨盤矯正

この記事の所要時間: 34

骨盤矯正

骨盤矯正といえば、誰もが知る技術の1つです。

 

いろいろなやり方がある骨盤矯正ですが、当院で行う骨盤矯正はドクターも扱っている骨盤矯正です。

 

その方法というのは、関節包内アプローチです。

 

関節包内アプローチとは?

関節を覆っている袋のことを関節包(かんせつほう)と言います。

 

関節が動くときは、この関節包の中で動くようになっていますので、非常に大事な場所なのです。

 

しかし、痛みをお持ちの方に共通していることは、この関節包の動きが悪く、関節の運動がやりにくくなっていることです。

 

この状態を放っておくと、運動の制限が掛かって余計に痛い状態が続いてしまいます。

 

それを改善するための方法として、関節包内アプローチを行っています。

 

AKA博田法とは違うの?

テレビなどで、AKA博田法のことをご存知の方もいると思います。

 

結論から言いますと、AKA博田法とは異なります。

 

そもそもAKA博田法は、医師や理学療法士でないと習得することができないからです。私の免許(柔道整復師)では教わることが出来なかったのです。

 

こういった経緯もあり、AKA博田法以外の関節包内アプローチを習い、今に至っています。

 

関節包内アプローチって痛いの?

基本的にはまったく痛みを感じません。

 

圧力にしても、50〜100g程度の力なので痛みや不快感もないと思います。

 

優しく、そして愛護的に行えるので、お子様〜ご高齢の方まで安心して受けて頂ける方法です。

 

関節包内アプローチの適応症状

基本的に全ての症状には対応しています。ですが、私の経験則的にいうと、以下の症状には効果的です。

 

・腰痛

・股関節痛

・坐骨神経痛

・脊柱管狭窄症

・腰椎分離症

・腰椎すべり症etc.

 

骨盤は絶対に整えないといけない場所

骨盤はカラダの土台です。土台が安定しているかどうかで、症状の出方も変わります。

 

そして基本的には、骨盤が安定しなくなることで、全ての痛み(慢性痛)が出るように作られています。

 

理由としては、骨盤が安定しなくなると背骨も同じように安定性を失います。背骨は脊髄があるので、背骨が歪んでしまうと脊髄の働きも悪くなります。

 

脊髄の神経機能の低下で、人のカラダは痛みを感じたり、動かしにくくなってしまいます。ただ、大元の原因を考えると、骨盤の安定性が全てを握っていることが分かりますね。

 

なので、例え肩が痛いとしても、肩だけを処置するのではなく、骨盤から安定させないといけないのです。

 

医学的には根拠のない施術だと言われていますが、現代医学がまだ追いついていない領域なだけなのです。

 

私が行う骨盤矯正は、日本の医師だけでなく海外のカイロプラクターやオステオパスも使っている方法なので、十分信頼性はあるかと思っています。

 

カラダを変えていくには、骨盤矯正は必須。

 

この考え方が少しでも普及されるように、私も尽力したいと思います。

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。