骨盤が倒れる?骨盤が起き上がる?とは

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 552

028-1

今回は骨盤についてお伝えします。

 

あなたにとって少しでもプラスとなれれば幸いです。

 

では、さっそく書いていきます!

 

骨盤

あなたは骨盤というキーワードを日頃から

よく耳にしていませんか?

 

骨盤と聞いて思い浮かべるのはなんでしょうかね?

・ダイエット

・腰痛

・姿勢

・骨盤矯正

・妊娠

・ヒップアップ

・スポーツ

 

など色々ありますよね。

 

僕は骨盤と聞くと施術などの方法論や

解剖的なことばっかり頭に思い浮かびますね。

うん、浅はかすぎる(笑)

 

さて、今回は骨盤の中でも姿勢に関する話を

中心に書いていこうと思います!

 

骨盤が起き上がるとか倒れるとか何なの?

あなたが整骨院や整体、ヨガ、ピラティスなど

何でも良いのですが骨盤が起き上がるとか

倒れているとか言われたことってないですか?

 

何気なく聞いてみると意味わかりませんよね。

だって骨盤が起き上がるって生き物みたいに

言われてもって感じしません?

 

僕が初めてそれを聞いた時なんて3回くらい

聞き直して講師の方にうっとおしい顔から黙ってろ!

バリの顔をされたのを覚えています(笑)

 

とまぁそんなことは置いておいて。

骨盤が倒れるとか起き上がるというのはあくまでも

表現なんです。

 

簡単にいうと骨盤があって横から見た時に

骨盤が前に倒れる方向に傾いていれば骨盤が倒れてる

骨盤が後ろに倒れる方向に傾いていれば骨盤が

起き上がっている、などこういった表現になります。

 

医学的にいうと骨盤が倒れることを前傾といって

骨盤が後ろに倒れることを後傾といいます。

 

つまり前傾・後傾を分かりやすく噛み砕いた

言い方なんですね。

 

骨盤が倒れたり起き上がるとどうなるの?

骨盤が倒れている状態は前傾と言いましたが

この時に多くの場合は反り腰になります。

 

反対に骨盤が起き上がることを後傾と言いますが

この時はどちらかといえば丸腰になっています。

 

不思議なことなんですけど基本的に姿勢って

骨盤の位置によってある程度決まるんですよね。

 

なので骨盤が姿勢を決定する要因になるとも

考えられるので骨盤が大事です!

という人が多いんです。

 

もちろんそんな簡単に骨盤が1番大事だなんて

言えませんけど姿勢を改善する1つの手段として

用いられやすいですね。

 

そもそも何で骨盤が倒れたり起き上がったりするの?

頭の良いあなたはそう思うでしょう。

 

これに関して言えば筋肉が結構関係しますね。

 

腹筋とか太ももの筋肉ってほぼ骨盤に付きます。

ということは筋肉が弱くなっているもしくは

働きすぎていることで骨盤の位置関係が

決まってしまうのです。

 

骨盤が前傾気味な人は股関節を曲げる筋肉や

太ももの前の筋肉が硬くなっているという

ことも考えられます。

 

逆に骨盤が後傾気味な人は太ももの裏や

股関節を伸ばす筋肉が硬くなっている

ということも考えられます。

 

ということはこれらの骨盤周りの筋肉が

バランスよく働くようになればきっとフラットな

状態が保てるようになると思いませんか?

 

それを指導するのが我々のような治療家だったり

ヨガの先生だったりピラティスの先生だったり

するわけですね。

 

でも、ちょっと待ってください!!

何でもかんでも人に頼るのは考えてみたら

良いことではないように思います。

 

例えば、学校でひたすら漢字を書かされる宿題って

ありませんでしたか?

 

今思うとゾッとしますよね。

1日何百個もの漢字を書くので手が痛すぎて

泣きそうになったことも多々ありました。

 

でもそのおかげで何とか日常的な生活にも

支障が出ずに過ごせています。

きっとあなたもそうですよね?

 

しかし、漢字を書くのが嫌だからと言って

「先生!めんどくさいんで先生がやってください!」

 

といったらどうなるでしょう?

恐らくぶん殴られますよね?

実際に僕はそれに似たようなことを言って

めちゃめちゃ怒られました(笑)

 

それと同じでまずは自分で出来る範囲の事を

コツコツやるべきだと思っています。

 

今はネットもあるし、健康関連の本もたくさん

出回っていますし、専門的な領域な話でも

分かりやすく書いてある本などたくさんあります。

 

なのでまずは自分でしっかり考えて

コツコツやっていくしか方法はありません。

 

散々長期間やったのにも関わらず成果が

出ない時のみ第三者にSOSを求めるのが

理想ではないかと思いますね。

 

結論

骨盤の前傾や後傾は自分の力である程度

改善できるのでまずは自分自身の力で試す

ことをお勧めする。

 

こういったところですかね!

 

「千里の道も一歩から」

という諺があるくらいですからいきなり

大きな成果が出ることってないんでしょうね。

 

大きなことをより大きくするにはかなりの

センスが問われてきます。

 

逆に小さなものを大きくすることって

意外に出来そうな気がしませんか?

 

その唯一の方法がコツコツやることです。

なのであなたも働きアリのようにコツコツと

頑張ってみてください。

 

習慣化すれば努力から生活の一部に変わるので

それができた時はあなたは勝ち組です。

 

そんな勝ち組予備軍のあなたを

僕は声が枯れるまで全力で応援します!!

 

p.s. 当院の概要はこちらからご覧になれます。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。