反り腰改善エクササイズを公開!

反り腰改善エクササイズを公開!
Pocket

この記事の所要時間: 315

前回の続き

今日からゴールデンウイークがスタートしましたね!人によってはなが〜い連休で旅行に行く方もいるかもしれませんね。とにかく有意義な連休を過ごして欲しいものですね(^ ^)

さて、今回は前回の続きです。

前回の内容は反り腰についてでした。反り腰は腰椎が反りすぎてしまう事で見た目がエビのようになってしまう姿勢です。その原因として多いのが腸腰筋、腹直筋、大臀筋の3つの筋肉が関係しているという内容でした。

簡単な改善方法をシェアします!

それでは本題の反り腰をどう改善するか?について書いていこうと思います!

まず、反り腰で最も大事になるのが腹直筋です。男性はこの腹直筋を鍛え6パックにする事を課題にしている人が多いです。僕もそのうちの1人です(笑)

そして腹直筋も大事ですが大臀筋も一緒に鍛えられればより効果的に反り腰を改善しやすくなります。ですのでこの2つの筋肉を同時に鍛える方法をご紹介します!

腹直筋と大臀筋の効果的な鍛え方

腹直筋と大臀筋をを鍛える方法というのはかなりの数があります。その中でも今回ご紹介したい方法はヒップリフトというやり方です。

直訳するとお尻を持ち上げる方法ですね!そうなんです。これは文字通りお尻を持ち上げるトレーニングの方法になります。

今回のテーマは反り腰を改善するという事です。その中でも腹直筋と大臀筋を鍛える事で反り具合をフラットにするのが目的なのでこの方法はかなりオススメです。

ヒップリフトのやり方

1、仰向けで両膝を立てます

2、その状態でお尻を上に持ち上げます。この時に背中〜太ももが一直線になるようにして下さい。そして持ち上げる時は息を吐きながらゆっくりとやるのがコツです。

3、この状態で1〜3秒間キープして下さい。(お尻はキュッと締めるように!)

4、そして息を吸いながらゆっくり1のポジションにもどします。この時に完全にお尻が床につかないようにしましょう

1〜4の手順で7〜10回を3セット程やるようにするのが良いでしょう。あ、もちろん息を吸ったり吐いたりする時は腹式呼吸ですのでご注意を!

鍛える以外でも意識して欲しい事

やはり筋トレをするのがなんと言っても大事なのですが、正直面倒くさいと思われているかもしれません。

ですので最低限日常でも意識して欲しい事があります。

それはお尻を締める動き腹式呼吸です。この2つは変な話どこで何をしていても出来るような動きです。ですので反り腰を改善したい!というお気持ちが強ければ試してみる価値はあると思います。

特に女性はお尻を締める動きはかなり効果的です。お尻を締める事でお尻周りの筋肉だけではなく、骨盤底筋群と呼ばれる排泄に関係する筋肉たちも同時に鍛える事が可能です。

ですので不意な尿漏れなどの改善も出来ます。試す価値はあるのではないでしょうか??

姿勢は大事です

今回は反り腰でも腰回りの部分にしかフォーカスしていませんが、今回お伝えした筋肉はかなり大事です。

そして姿勢は本当に大事です。姿勢1つで慢性痛や怪我の原因にも直結します。

もちろん無理に背筋を伸ばしたりする必要はありません。筋力が足りていない部分をしっかりと補強して意識するだけで確実に結果が変わってきます。

まずは無理のないところからスタートして良い姿勢をキープできるようにしましょう!

結論

大臀筋と腹直筋を鍛えるにはヒップリフトがおすすめ。それと同時に腹式呼吸やお尻を締める動きを継続的に行うだけでも反り腰の改善が見込める。

こういったところですかね!

反り腰は深掘りすると頚椎や胸椎といった別の場所も絡んできます。それについてはいずれ書いていこうと思いますのでまずは今回お伝えした方法をお試しください!

応援してます!!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。