部活の忘年会だった話

部活の忘年会だった話
Pocket

この記事の所要時間: 227

先日、母校の柔道部の仲間たちと忘年会をやりました(^ ^)

 

見てわかる通り、男だけしかいないのでむさ苦しいですね(笑)

 

部活の忘年会だった話

僕の世代〜2個下の世代が集まって開催した忘年会。

 

なかなか集まる機会もなく、卒業以来久しぶりに会う人たちもいました。

 

口では「いつかみんなで集まりたいね〜」なんて言っていましたが、いざ行動に移そうとしてもなかなか行動には移せないものですよね(笑)

 

ただ、この1年僕の周りも色々な変化があったので、ぜひやろう!ということになり、しぶしぶ幹事をやることになりました。

 

久しぶりに会った感想は・・・

当時よりもみんな大人になっていて、面食らう場面が多かったですね!

 

まぁ卒業以来ぶりですから、当然といえば当然ですけど(笑)

 

でも、懐かしさが先行して、やっぱり変わってないなぁとも思いましたね(^ ^)

 

こうやって顔をそろえるのも良いものだと思いました。

 

久しぶりに集まって思ったこと

やっぱり”仲間”は大事だと思いました。

 

部活を通じて会った同級生や後輩たちですが、普通に過ごしていれば会うこともなかった人たちです。

 

ですが、何かの縁があって出会うことが出来たわけですから、やっぱり大事な人たちです。

 

社会人になれば、それぞれの道を歩み、付き合いも希薄になるなかで、こうやって顔を合わせてくれる仲間には感謝の気持ちでいっぱいです(^ ^)

 

それに、この世代は創立以来初の団体で関東大会に出場した世代でした。

 

関東大会に出場する学校自体、私立の学校や伝統校以外でないと難しいのですが、郊外にある普通の公立校で出場を決められたのも非常に意味のあるものだと思っています。

 

頻繁には会うことはできませんが、こういう機会をまた作って、思い出に浸っていきたいと思います!

 

結論

卒業以来ぶりに部活仲間で忘年会をした。

 

こういったところですかね!

 

やっぱり縁は大事です。縁がなければ出会うこともないわけですし、縁があるからこそ今だに繋がることが出来ます。

 

何かのキッカケで縁が出来た方々に、少しでも何かの力になれるよう、僕も頑張っていこうと思います!

 

集まったみなさん、本当に楽しい時間をありがとうございました!!

 

 

p.s. 当院のHPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。