柔道少女Yちゃんの成長記録パート5

柔道少女Yちゃんの成長記録パート5
Pocket

この記事の所要時間: 534

Yちゃんシリーズ第5弾です!

 

今回もちょっとした成長が見ることが出来ました(^ ^)

 

柔道少女Yちゃんの成長記録パート5

先日、年内最後の柔道をやってきました。

 

気がつけばもう年末で、何だかあっという間に終わってしまった感じです(笑)

 

そんな年内最後の柔道でしたが、今回もYちゃんの成長を見ることが出来ました!

 

何があったのかというと、柔道的に強くなったというよりも、いい刺激をもらったという感じでしたね。

 

柏からの刺客

刺客とか書いていますが、普通に僕が面倒をみていた子です(笑)

 

Yちゃんと同い年のMちゃん。

 

Mちゃんは、今年の始めの方までは道場によく顔を出していたのですが、学校が忙しくなったということもあり、最近は顔を見せなくなりました。

 

まぁ柏ですからね。ちょっと距離がありますので仕方がありません(^^;;

 

でも、柏の中学校で柔道部に入り、非常に濃密な時間を過ごしていると聞いていたので、特にこれといった心配はしていませんでした。

 

そんなある意味、ちょっと忘れかけていた時に、年内最後ということで駆けつけてくれたMちゃん。

 

ご両親と来てくれたのですが、ご両親がやや興奮気味である報告をしてくれました。

 

その報告とは・・・

 

県でベスト8になれました!

なんと、1年生ながら県でベスト8になったそうなんです!

 

これには正直驚きを隠せませんでした(笑)

 

僕が知っていたMちゃんは、お世辞にも県で通用する柔道ではなかったからです。

 

でも、結果として県でベスト8になったということは、かなりの努力をしてきた証です。

 

こういう報告を聞けるのって、本当に嬉しいです(^ ^)

 

ご両親も満面の笑みでお話しされていたので、本当に幸せそうな感じでしたね!

 

そんな近況報告も終わり、乱取り稽古に励んでいたYちゃんも見たMちゃんが

 

「今膝が痛いんで柔道するつもりじゃなかったんですけど、Yちゃんとやってみたいです!」

 

と直談判してきたのです。

 

これは面白い!と思ったので、早速2人で乱取りさせることにしました!

 

結果は・・・

投げず、投げられずという感じで終わりました。

 

まぁ何度もやり合っている相手ですから、手の内が知れていますし、こうなる予測は付いていました。

 

でも、久しぶりに乱取りをやり合っている2人をみて、ちょっと懐かしいい気持ちになりました(^ ^)

 

なんか言っていることがオヤジくさいですね(笑)

 

練習後・・・

練習も終わり、着替えようとしていたところにYちゃんがやって来ました。

 

なんでも、来年1・2月に団体戦に出ることになったらしく、頑張りたいという決意表明をしてくれたのです。

 

ちょうど良い機会だったので、YちゃんにMちゃんのことを話しました。

 

僕:「Mは県でベスト8になったらしいよ!」

 

Yちゃん:「え!そうなんですか?」

 

僕:「さっきご両親から聞いたんだ!Mが県でベスト8って聞いてどう思う?」

 

Yちゃん:「ん〜・・・」

 

僕:「(あ、これ泣くな・・・)」

 

Yちゃん:「(案の定、泣き始める)」

 

僕:「な!何泣いてんだよ(笑)今の泣くとこあった??(笑)」

 

Yちゃん:「んん〜・・・( ;  ; )」

 

Yちゃんは異常なくらい泣き虫ですが、普通の話をしていて急に泣かれるとちょっと困りますね(笑)

 

でも、おそらく心境はこんな感じだったと思います。

 

悔しい!!

YちゃんとMちゃんはずっと一緒にやってきました。

 

実力も数ヶ月前までは、Yちゃんの方が上手でした。

 

でも、そんなMちゃんが県でベスト8になるという大活躍を聞いて、複雑な心境になってしまったのだと思います。

 

気持ちは本当にわかりますね( ;  ; )

 

なので、Yちゃんに僕はこう伝えました。

 

僕:「悔しいっていう気持ちがあるのは良いことだよ。その気持ちがあれば、まだまだ強くなれる。その気持ちを忘れずに、基礎重視で練習がんばりなさい。」

 

そう言うと、Yちゃんは頷き、帰って行きました。

 

ライバルの存在は大きい

強くなるとき、何かを達成したいときって、自分のタメだけでは成し遂げられないと思うんです。

 

誰かのタメや、誰かを倒したいというモチベーションが、人を成長させるんだと感じました。

 

きっと、Yちゃんは今後も大きな挫折や苦しさを味わうと思います。

 

でも、Mちゃんのようなライバルがいるおかげで、モチベーションが保ちやすくなれます。

 

なのでライバルの存在は本当に大きいです。

 

来年はどんな活躍を見せてくれるのか?今から楽しみです(^ ^)

 

結論

Yちゃんは、悔しいという感情が芽生えてきた。

 

こういったところですかね!

 

今年はYちゃんの面倒を見る機会が多く、僕自身もYちゃんからいろいろな事を教わりました。

 

来年はきっと、今年よりも飛躍する年になると思うので、僕も出来る範囲でバックアップしたいと思います!

 

頑張れ!Yちゃん!!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。