新年最初の道場だった話

新年最初の道場だった話
Pocket

この記事の所要時間: 415

先日、新年最初の道場がありました!

 

かれこれ3週間ぶりの道場でしたが、そこであった嬉しい話しを聞くことができました(^ ^)

 

新年最初の道場だった話

道場って場所にもよりますが、寒稽古というものがあります。

 

三が日のどこかで道場を開けて、新年最初の稽古をするというのが寒稽古というのですが、僕のところではやりませんでした。

 

何故なら、三が日にやっても集まらないからです(笑)

 

と、寒稽古の話しは置いておいて(笑)

 

先日、新年最初の道場での稽古をやりました!

 

そこで、1人の後輩からかなり嬉しい話しを聞くことが出来たのです(^ ^)

 

その内容というのが・・・

 

簿記の1級を無事に合格したという報告でした!!

この後輩(以下、Rくん)は、大学生なのですが、簿記の1級を見事合格したそうなのです!

 

簿記の1級を合格するって凄いですよね(^ ^)

 

だって、1級クラスになると合格率は10%くらいですし、かなり難易度の高い試験です。

 

Rくんは学力自体はそこまで高いわけではありませんが、一昨年くらいからずっと勉強を頑張っていました。

 

一昨年は、惜しくも合格することが出来ず、悔しい思いをしていたのを見ていたので、今年こそは頑張って欲しいとずっと思っていました。

 

勉強量も1日10時間近く大学のゼミでやっていて、僕だったらとても出来ないような頑張りを見せていました。

 

「Rはすごい努力家だよな〜」

 

と、いつも仲間内で話していたくらい、誰もが認める努力家でしたので、今回の1級合格は本当に嬉しかったです(^ ^)

 

Rくんと初めて出会った時

Rくんとの初めて出会いは、彼が中学1年生の時でした。

 

カラダも小さく、お世辞にも柔道が強いと呼べるような選手ではありませんでした。

 

でも、いつもボロボロになりながらも、僕や他の先輩たちに立ち向かう姿勢は、素晴らしいものがありました。

 

やっぱり、先輩とやるのって怖いんですよ(笑)

 

果てしない勢いでボロボロにされますし、トラウマレベルの恐怖を植え付けられますからね(笑)

 

それでも休まず、毎回一生懸命やっている姿は、本当に素晴らしいですし、強くなって欲しい!という思いがどんどん膨れ上がるものです。

 

Rくんが高校生になると・・・

中学を卒業し、地元でも有名な学校に入学しました。

 

中学の時点では、県大会には出場できるけど、1・2回戦負けしてしまうレベルの選手でしたから、高校の練習についていけるのか不安でした。

 

でも、なんだかんだ言いながら練習には付いていけていましたし、県大会でもその階級の上位の選手ともやり合えるレベルになっていったのです!

 

もともと努力家なRくんですが、気がつけば中学の時よりも遥かに強い選手になっていました(^ ^)

 

先輩として、その活躍が観れたのは良い刺激にもなりますね!

 

でも、僕にも威厳があったので、彼が現役の時は1度も投げさせることはありませんでした(彼が現役引退後に投げられてしまいましたけどね(笑))

 

Rくんから学んだこと

やはり努力はやり続ければ報われるというところです。

 

たいていの場合、どこかで諦めてしまうことが多いです。

 

それでも、「諦めずに頑張る!」という強気持ちを持って取り組めば、最終的には報われるということを学べたと思います。

 

もちろん、簡単なことではないでしょう。

 

でも、それが出来るか出来ないかによって、結果も大きく変わると思うんです。

 

歳は全然違いますが、後輩から大事なことを学べるというのも、良い環境にいるなぁと思える瞬間です(^ ^)

 

これからも彼ら後輩の活躍に期待大ですね!

 

結論

Rくんが見事簿記の1級を合格できて、嬉しかった。

 

こういったところですかね!

 

僕もRくんに負けないように、日々の努力を欠かさず頑張ろうと思います!

 

お互いに頑張りましょう!!

 

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。