高校時代の夢から得た未来へのヒント

高校時代の夢から得た未来へのヒント
Pocket

この記事の所要時間: 152

つい先日まで柔道の世界選手権がありましたね!

僕は、毎日欠かさず見ていました(^ー゜)

日本は空前のメダルラッシュ。ジュニア勢がかなり強化された感じで、またまた柔道が盛り上がってきた感じがしますね!

そんな感じで、柔道を見ていたせいか・・・

高校時代の夢を見ました。

どんな夢だったかというと、高校時代の夢でした。

高校の時は、常に柔道漬けで、毎日をハードに過ごしていた青春時代でした。

でも、なんでこのタイミングで夢なんて見たのか分かりません。

何を意味してるのかが気になっている今日この頃です(笑)

夢は近未来のことを予測している説

夢は医学的にも証明されていませんが、一説では近未来に起こることを予測しているのでは?と言われているんです。

もちろん、夢で起きた出来事がそのまま反映するわけではなく、夢で起きた時の感情や感覚が現実に投影するという意味だそうです。

夢で得たこと、それは・・・

充実感なのかな?と思います。

あの頃は本当にハードでした。よく同期で話す時に、「3億円あげるって言われても高校時代には戻りたくないよね(笑)」というのが鉄板のネタになるくらいキツかったです(笑)

しかし、今思うとものすごい充実していたと思います。

怪我もたくさんして、きつい練習やトレーニングをして、休みもほぼほぼない、そんな状態でもあの頃は目標に向かってひたすら頑張っていました。

近いうちに・・・

何かあの頃と同じような、充実感あふれる日々を過ごすようになるかもしれませんね。

もちろん今も充実していますが、あの頃のようなガッツや達成感が、最近は足りなかったと思います。

イヤよイヤよも好きのうち

イヤだイヤだと思っていたあの日々も、潜在意識的にはたまらないくらい好きなんでしょうね(笑)

まさかこのタイミングで、こんな夢を見るとは思いませんでしたが、ちょっと懐かしい気持ちと、さらに頑張っていこう!と思えました(^ ^)

よし!まずは、腕立てを1000回・・・

じゃなくて(笑)カラダのことで悩んでいる方のために、役立つ記事を書き続けていきますm(_ _)m

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。