腰痛を和らげるには、カエル足が良い?

腰痛を和らげるには、カエル足が良い?
Pocket

この記事の所要時間: 422

腰痛のセルフケアは、ググれば何万件も出てきます。

 

でも、肝心のどれが良いのか?って結構悩まれるかと思います。

 

今回は数ある腰痛のセルフケアのなかでも、カエル足という方法をご紹介します!

 

腰痛を和らげるには、カエル足が良い?

そもそも、カエル足とは何ぞや??

 

と思いますよね?

 

カエル足というのは、カエルの足のような格好をいいます。上の画像みたいな格好ですね!

 

いろいろな腰痛のセルフケアがありますが、カエル足は再現性も比較的高いと思いますし、効果は望めるのではないかな?と個人的には思っています(^ ^)

 

カエル足がおすすめな理由

どうしてカエル足がおすすめなのでしょう?

 

それは、股関節を十分に動かすことが出来るからです!

 

これを読まれている方が、どういうライフスタイルを送っているかは存じませんが、恐らく1日を通して座っていることが多いのではないでしょう?

 

意外なことに、座っている時の状態というのは、股関節が不安定な状態なんです

 

靭帯も緩んでしまっているので、筋肉がそれをカバーするような動きをします。

 

するとどうなると思いますか?筋肉がガチガチに硬くなります。

 

股関節に関係する筋肉はかなり大きくて強いですから、長期間この状態が続くと、関節の可動範囲も悪くなります。

 

さらにいえば、股関節が硬くなれば骨盤の動きも悪くなりますし、それに加えて背骨の動きも悪くなります。

 

こういう負のスパイラルが知らず知らずのうちに出来上がり、結果として腰痛が起こってしまうのです(*_*)

 

この負のスパイラルを断ち切るには、股関節の動きを良くすることが先決なのです!!

 

股関節の動きを良くすることは・・・

全身の調整にも繋がります。

 

股関節は人間の関節の中でも、最大級に大きい関節です。

 

となると、股関節に関係する筋肉も、最強クラスに大きくて強い筋肉ばかりです。

 

この筋肉たちをしっかり使ってあげることで、全身の血流も良くなります。

 

全身の血流が良くなれば、ホルモンの分泌も良くなりますし、神経の働きも良くなります。

 

こういったことを書くと大げさに聞こえるかもしれませんが、股関節の動きを良くするだけでも、全身の調整に繋がるわけですね!

 

カエル足の具体的なやり方

では、カエル足の具体的なやり方をお伝えします!

 

①仰向けで寝る

 

②片方の足を、カエルの足になるように行けるところまで動かす

 

③最大限まで行ったら戻す

 

これを左右10回×2〜3セット行ってみてください!

 

ちなみに、顔を向ける方向は足を動かす側の方向を向いて行うのがいいでしょう。

 

右足をカエル足にするなら、顔は右側を向く。

 

といった感じですね!

 

これだけのことですが、結構効果は高いと思います(^ ^)

 

少しの努力を積み重ねることが大事

何でもそうだと思うのですが、いきなりすぐに結果は出ません。

 

今日腕立て伏せを30回やったから、明日になったら筋肉ムキムキになるか?と言われるとどうでしょう?

 

どんなに成長の早い人でも無理だと思います(笑)

 

こういう感じで、人のカラダは変化を起こすまでに時間が掛かります。

 

ですので、まずは少しずつ努力を積み上げていくことが大事なことなのです!

 

これが出来るか出来ないかによって、結果もかなり大きく変わります。

 

ついつい、面倒臭くなってしまう気持ちも分かります。

 

でも、良くなっていく人たちは地道な努力が出来る方々ばかりです。

 

どうせ目指すなら勝ち組が良いですよね?(笑)

 

勝ち組になるために、今日から少しずつ努力を積み重ねてみてはいかがでしょう(^ ^)?

 

結論

カエル足は股関節の動きを良くし、腰痛の軽減につながる。

 

こういったところですかね!

 

少しでも腰痛が軽減できるヒントになれれば幸いです。

 

応援してます!!

 

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。