肩の痛みについての基礎知識

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 424

006

今回は肩の痛みについてお伝えします。

肩の痛みもなかなか辛いものがあるので

是非とも何か参考にできる部分があれば幸いです。

 

肩の仕組み

あなたは肩の場所はご存知ですよね?

肩の関節というのは他の関節と比べても作りが

少し特殊になっています。

 

一般的にいう肩の関節というのは

肩甲骨上腕骨(じょうわんこつ)という腕の骨で

構成されますがこれは狭い意味での肩の関節です。

 

広い意味で言えば肩の関節は鎖骨肋骨などの骨も

肩の関節として含まれます。

 

意外な感じがしますよね〜。

僕もこの世界に入るまでは気にもしなかったですし

何よりもそれがどうしたの?くらいの感じですね(笑)

 

参考までに肩の関節はこんな感じになっています。

item01

 

肩の関節と他の関節との大きな違い

肩の関節は他の関節比べると決定的に違う

ということがあります。

 

それが動きの範囲が大きいということです。

 

どういうことかと言うとですね、

膝や肘などは曲げ伸ばや軽くひねったりくらいの

運動くらいしか出来ませんが肩の関節って色々な

動きが出来ますよね?

 

これは関節の作りが特殊になっているのですが

その先まで書くと読む気も失せると思うので

割愛しますね(笑)

 

で、もう一つの特徴としては

筋肉に依存する関節とも言われています。

 

普通の関節は靭帯などが強力なので

動きの範囲がかなり限定されますが肩の関節は

靭帯があまり強力ではないので筋肉の活動範囲が

大きいのが特徴的です。

 

肩の関節に関わる疾患

肩の関節に関わる疾患を列挙します。

もしかしたら、あなたにも当てはまる事が

あるかもしれないので参考までに。

 

・石灰性腱炎

・インピンジメント症候群

・腱板断裂(けんばんだんれつ)

・五十肩

・上腕二頭筋腱炎

・野球肩

 

といった疾患がポピュラーです。

他にもたくさんありますが、大体がこの中の

疾患が多いですね。

 

肩の痛みで考えられること

さて、ここから本題に移ろうと思います。

肩の痛みで考えられるのは骨が大きく関係

していると考えられます。

 

先ほど書いたように肩の関節は色々な骨で

構成されています。

 

そうなると原因となる部分が複数あることも

大いに考えられます。

 

肋骨が原因なのか?

鎖骨が原因なのか?

はたまた肩甲骨が原因なのか?

 

という感じで結構考えられることって

たくさんありますね。

 

もちろん筋肉も関係します。

場合によっては筋肉メインで調整をしたりも

するので全てが骨の問題ではないです。

 

ただ、関節を整えることのメリットが余りにも

大きいので最近はほぼ骨メインですね。

 

ただし、肩の痛みは肩以外にもある

この可能性は非常に高いです。

 

人間の体って本当に不思議で患部から

離れた場所に原因があったりします。

 

僕の最近の例で言うと右肩を上げた時に痛みがある

患者さんを見させていただいた時にその原因が

左の股関節と右の骨盤に原因がありました。

 

こんな感じで離れた部分も注意してみないと

いつまで経ってもなかなか痛みが取れず、

生活に制限を掛けないといけないのです。

 

なので否定するわけでは全然ありませんが

一生懸命に肩の周りをほぐしてもらう人が

多いんですけど、そこに原因がなければ極端な話し

時間ばかりが過ぎ去ってしまいます。

 

目的が疲労回復やリラックスしたいという目的で

やるのは良いと思いますが、体の不調を改善するのが

目的の場合はいかがなものかと思います。

 

ですので、あなたも自分自身で取捨選択をして

自分にとって今は何が最優先なのか?

という事を常日頃考える事も大事だと思います。

 

結論

肩の関節は様々な骨から成り立つ。

原因は骨にあると書いたが肩以外の部分にも

原因があるのでそこも注意しないといけない。

 

こういったところですかね!

 

今回は概要部分の話しを中心にしたので

次回は疾患に絡めて書いていこうと思います。

 

p.s. 当院の概要はこちらからご覧になれます。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。