肩こりに悩む人に試して欲しいセルフケア

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 722

a211cf5040c7a520ba53362cdd5d7744

今回は肩こりについてお伝えします。

 

あなたにとって少しでもプラスとなれれば幸いです。

 

では、さっそく書いていきます!

 

肩こり

あなたは今現在肩こりに悩んでいませんか?

 

何をしても良くならない肩こりに嫌気がさして

怒りすら感じているかと思います。

 

その怒りがきっかけで超サイヤ人になりそうだと

仰っていた患者様も実際にいました。

よほどの怒りだったのでしょうね。

 

でも超サイヤ人は穏やかな心を持っていることが

大前提であって単純な怒りでは超サイヤ人に

なれないのです。

 

当初のベジータがそうであったように単純に

怒るだけではなれず、純粋な気持ちが必要なので

超サイヤ人になるのは難しいんですね。

 

1ミリも関係のない話をしてしまいました(笑)

ドラゴンボールが好きすぎる故、熱くなりすぎた

ことをお詫び申し上げます(笑)

 

本題に移りますが、肩こりが良くならずに

苦労されているあなたに僕から比較的再現性の高い

方法を今日はお伝えしようと思います。

 

肩こりを本気で改善したい!とお考えのあなたに試して欲しいこと

結論から言うと深呼吸ですね。

 

「え?それだけ??」

 

と思われたかと思いますがそれだけです。

 

あまりにも単純すぎてこの記事を読むのをやめようと

決心されたかと思いますが一応最後まで読んで

みてください(笑)

 

深呼吸というのは多大なる効果があります。

普段考えることもないとは思いますが

深呼吸というのは神経自体に働きかけることの出来る

素晴らしい方法なのです。

 

深呼吸は唯一、自分の力で自律神経に働きかけることが出来る

これが最大の特徴です。

 

自律神経というのは読んで字のごとく

自立している神経です。

 

泥んこ遊びが好きな小学1年生の男の子であろうが

卒論作成に追われる22歳の大学4年生であろうが

還暦を迎えてセカンドライフを考える人であろうが

みんな平等に自立しています。

 

もし、自律神経が働いていなかったら

いきなり心臓が止まったり、3日間ぶっ通しで

寝れなかったりという感じの異常行動を起こします。

 

自律神経、マンセー!!

という感じですね(笑)

 

そんな自律神経ですが、自分の力で操作することが

出来ないと言われています。

 

考えてみたらそうですよね。

「今日は心臓を3時間くらい止めようかな〜」

「なんか胃の調子が悪いから2日間動きを止めるか」

 

みたいなことって絶対できませんよね?

それが出来たら僕とお友達になってください(笑)

 

そんな既に自立しきっている自律神経ですが

この流れを変えることが出来るのは深呼吸なのです。

 

深呼吸で自律神経の流れを変えることが出来る理由

自律神経というのは交感神経副交感神経の2つが

あってそれぞれが相反する働きをしています。

 

交感神経は興奮状態副交感神経はリラックス状態

という感じで覚えてもらえれば大丈夫です。

 

そんな自律神経のことが大まかに分かったところで

あなたにお伝えしなければならないことがあります。

それは肩こりに悩んでいる方の多くが交感神経が

優位な状態になっていることが多いというです。

 

それを決定付けるのが肩周りのガチガチ感です。

 

筋肉がガチガチに硬くなるのは基本的に副交感神経が

ちゃんと働いていないことが挙げられます。

 

そうなると血液の流れというのは悪くなり、

常に緊張状態となってしまうことで肩こりが

現れてしまうんです。

 

世間が自律神経のバランスが大事というのは

こういう事が分かっているからなんですね。

 

この自律神経のバランスを変えられるのが

深呼吸なのですが、深呼吸をすることで

心身ともにリラックスすることが出来ます。

 

例えばあなたが人前で何かを発表する時って

すごく緊張すると思います。

「あ〜やばい!めっちゃ緊張する!!!!」

となった時に必ず一呼吸おくと思います。

 

これは無意識に体がリラックス状態を作ろうと

しているので深呼吸をした時に少し落ち着きが

取り戻せるのはこういう理由があるからなんです。

 

ここまで読まれて少しは納得していただけましたか?

それでは具体的な方法をお伝えします。

 

深呼吸のやり方

深呼吸をする上で気をつけて欲しい事があります。

それはお腹を意識する事です。

 

呼吸をするうえで理想的なのがお腹が1番最初に

膨らむ事です。

 

これは横隔膜という呼吸に関わる筋肉をしっかり

使わせることを目的としています。

 

いわゆる腹式呼吸というやつですね。

 

この腹式呼吸が基本的に肩こりの方は出来ていないので

腹式呼吸が出来るようになりましょう。

 

オススメの方法は湯船に浸かっている時です。

湯船に浸かった状態でお腹をひたすら膨らませたり

引っ込ませたりする呼吸をしてください。

 

補足すると鼻でゆっくり吸って徐々にお腹を膨らませ、

口でゆっくり吐いてお腹を凹ませましょう。

 

これを3〜5分間毎日続ける習慣を持てば

全身に血流がしっかりと行き渡るので肩周りの緊張も

次第に抜けますし、良い睡眠を取れるので回復力も

同時に高める事が出来ます。

 

そして毎日入浴中にやっていれば日常生活でも

自然に出来るようになるので変に意識をしなくても

出来るようになります。

 

もちろん、いきなり効果は出ませんし地味なので

妥協したくなるでしょう。

 

でも今までと同じ生活を送っていて肩こりが急に

良くなると思いますか?

 

現状を打破することが今のあなたには必要です。

面倒臭いかもしれませんが、まずは続けることが

大事ですし、続けた先に見える未来を想像すれば

きっと肩こりから解放されますよ。

 

結論

肩こり改善には深呼吸がおすすめ。

 

こういったところですかね!

 

余談ですが、僕は天才でもないですし

イケメンでもないですが唯一誇れることがあります。

それが継続する力です。

 

10人いたら8人は面倒くさくてやらない作業を

ずっと継続できる力があります。

 

何でそんな継続して何事も続けられるのかというと

その先の未来を妄想しているからです。

 

腕立てにしても6年間毎日200回やっていますが

「これを続ければきっとモテモテになる!」

という感じで妄想しながらやっています(笑)

 

こんな単純でバカみたいなことかもしれませんが

今回お話しした深呼吸でも同じことが言えます。

 

「これを続ければ肩こりがよくなって

楽しい日々を送れる!!」

 

みたいな感じで妄想すれば頑張れそうじゃないですか?

是非、あなたには僕と同じようにずーっと継続して

物事をやり抜ける人になって欲しいと思います。

 

最初は大変ですがきっと出来ると思いますので

共に頑張りましょう!!

 

p.s. 当院の概要はこちらからご覧になれます。

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。