肩こりの原因が肘にあった、50代女性の症例(埼玉県吉川市在住)

肩こりの原因が肘にあった、50代女性の症例(埼玉県吉川市在住)
Pocket

この記事の所要時間: 513

女性に多い肩こり。

 

マッサージをしてもらっても、なかなか良くならない症状の1つでもあります。

 

今回はそんな、肩こりに対する症例をご報告します!

 

肩こりの原因が肘にあった、50代女性の症例(埼玉県吉川市在住)

この方は、デスクワーク主体のお仕事をされていて、常に慢性的な肩こりに悩まされているそうです。

 

肩こりって僕も以前は患っていましたが、なんというか鬱陶しいし、バリバリ感が半端じゃないですよね?

 

なので、僕もたま〜にマッサージを受けていた時期もありました。

 

今ではおかげさまで、肩こりを感じることはなくなりましたけど、あれがずーっと続くとなると憂鬱な気持ちになります(^^;;

 

そんな厄介極まりない肩こりですが、何が原因で起きてしまうのでしょう?

 

一昔前は、「頚椎が原因だ!」と言われていました。でも、今では「足首だ!」「肋骨だ!」「骨盤だ!」と、いろいろな見解が出されるようになりました。

 

ということは、どこが原因か?の断定が難しいということですね!

 

これだけでは、「なーんだ、じゃあ読む価値ないわ」と思われてしまうので、肩こりの原因となりうる可能性が高い場所をご紹介します!

 

それがタイトルにも書いてある通り、なのです!!

 

肘関節の解剖学

肘関節(ちゅうかんせつ)は、上腕骨(じょうわんこつ)・橈骨(とうこつ)・尺骨(しゃっこつ)の3つの骨によって構成されます。

 

肘関節は、他の関節では珍しい構造をしていて、3つの関節が合わさって肘関節が出来上がります。

 

上腕骨と橈骨によってできる関節を、腕橈関節(わんとうかんせつ)といい、肘の曲げ伸ばし・前腕を捻る動作である回内回外を行います。

 

上腕骨と尺骨によってできる関節を、腕尺関節(わんしゃくかんせつ)といい、肘の曲げ伸ばしを主に行います。

 

橈骨と尺骨によってできる関節を、橈尺関節(とうしゃくかんせつ)といい、前腕の回内回内を行います。

 

これら3つの関節が合わさって肘関節が出来上がるわけですが、なんだか漢字ばかりで嫌になりますよね(笑)

 

ちなみに、肘関節が発達した経緯として、物を効率良く食べるために進化したと言われています。別名では、欲深い関節なんて言われ方もしています。

 

どうして肘が肩こりの原因になりやすいのか?

本題に入ります。

 

どうして肘が肩こりの原因になりやすいのでしょうか?

 

それは、現代人ならではのライフスタイルが関係しています。

 

現代人の多くは、デスクワークを行うようになりました。

 

デスクワークの姿勢というのは、肘が常に曲がっていて、手の甲が上を向いている(回内といいます)状態が長いです。

 

こうなると、ある一定の動きしかしないので、関節自体の動きが悪くなります。

 

すると、筋膜という特殊な組織の繋がりによって、首や肩周りの筋肉も緊張状態となり、肩こりが作られやすい環境が出来上がってしまうのです。

 

もちろん、指なども大いに肩こりと関係が深いのですが、肘にはたくさんの筋肉が付いていることから、肩や首にダイレクトに影響を出しやすいんです。

 

意外に思うかもしれませんが、肘はそれだけ肩こりと深い関係にあるのです!

 

今回の患者様も、かなり肘の関節の動きが悪く、肩こりの原因となっていたので調整をさせてもらいました!

 

施術後・・・

肩周りが異常なくらい軽くなったとおっしゃっていました。

 

肘を調整した瞬間から、「あー、肩が軽くなっていくのが分かるわ〜」とおっしゃっていたくらいでしたので、ドンピシャだったみたいです(^ ^)

 

頑固な肩こりは、意外な場所が原因となっていることが多い

今回のケースのように、肘が原因であったりするケースもありますし、手首や腰椎や足裏が原因になることもあります。

 

頑固な肩こりにお悩みの方は、意外なことに肩意外の場所に問題があることが多いです

 

いや、むしろ肩自体に原因がある人の方が珍しいかもしれません(*_*)

 

ちゃんと検査しないと分かりませんが、肩周りを念入りにマッサージしてもらっているにも関わらず、肩こりが一向に改善されないとなると、肩に原因はないと考えるのが自然です

 

それを分かっているにも関わらず、肩を強い力でマッサージし続けると、感覚のセンサーが壊れてしまい、改善するための施術が、強く押してもらうことが目的の施術になってしまいます。

 

こうなると中毒状態なので、正常に戻るまで時間もかかりますし、なによりプラスな影響がほぼ0です。

 

なので、肩意外に目を向けることを意識してみてください!

 

意外にすんなり良くなるかもしれませんよ(^ ^)

 

結論

肩こりの原因が、肘にあった。

 

こういったところですかね!

 

完全完治が難しい症状でもある肩こりですが、ちょっとした心がけで結果は大きく変わります。

 

まずはご自身の習慣を変えてみて、直せるところは直していきましょう!

 

応援してます!!

 

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。