【公開!】デスクワーカー専用の肩こり軽減方法

【公開!】デスクワーカー専用の肩こり軽減方法
Pocket

この記事の所要時間: 448

デスクワークをやっていると、悩まされる人が多い肩こり。

もしかしたら、これを読まれているあなたも、デスクワークのせいで肩こりになっているかもしれませんね。

そんなデスクワークによる肩こりですが、実は”ある場所”に目を向けると、和らぐことが多いです(^ ^)

今回はデスクワーカーのための、肩こり軽減方法をお伝えします!

どうしてデスクワークは肩こりになりやすいのでしょう?

デスクワークを日々こなしているあなたにとって、肩こりは非常に厄介な存在だと思います。

ひどい場合ですと、肩こり以外にも頭痛や目まいなどの症状も出てしまう方がいます。

では、どうしてデスクワークは肩こりになりやすいのでしょう?

いろいろと考えられますが、1番の原因は同じ姿勢が続くことだと思います

同じ姿勢が続くと、血流が悪くなり筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなると、痛みを感じたり・疲労を感じさせる物質が血管の中に増えてしまいます。

これが長期化することで、頑固な肩こりが出来上がってしまいます。

デスクワークは特に、この負のスパイラルに陥りやすいですね(*_*)

肩こりを治すために・・・

代表的な改善策として、マッサージが挙げられると思います。恐らく、あなたも定期的に通っているかもしれませんね。

確かに、肩を揉んでもらうと気持ち良いですよね!僕も以前はマッサージを定期的に受けていた時期があるので、その気持ちはよく分かります(^ ^)

ただ、こういう問題にぶち当たっていませんか?

「やってもらったその日は良いけど、すぐに戻っちゃう・・・」

これは肩こりの人あるあるだと思います。

やってもらうとその場は気持ちもよく、ほぐれた感じがしますが、多くの場合3日以内には戻ってしまうケースが多いかと思います。

強押しマッサージで肩こりを治そうと考えるようになる

マッサージを受けていくうちに、こんな事を考えたりしませんか?

「もっと強く揉んで欲しい」と。

一見すると、強押しのマッサージをすれば、筋肉のコリも取れるように思いますよね?

ですが、90%以上の確率でそれは難しいといえます。

強く押されると、人間は無意識的に筋肉をギュッと硬くします。これは俗に言う、防御反応という反応です。

防御反応が起きるという事は、その刺激は強すぎるので、体に合っていないということになります。

ただ、マッサージを受けていくと体は刺激になれてくるので、強い刺激じゃないと物足りなくなります。

もし、あなたがこのスパイラルに陥っていたとしたら、ちょっと考えを改めた方が良いかもしれません(*_*)

強押しマッサージは筋肉を痛める?

もともと防御反応が起きるほどの刺激なので、体にとっては危険な刺激量になります。

それを無視し続けると、筋肉も限界が来てしまい、逆に傷つけてしまう事があります。

時系列でいうと

①マッサージを受け続ける

②普通の刺激では物足りないので、強押しマッサージを受け続ける

③筋肉に傷がつく

④体のなかで出血が起きる

⑤出血が起きないようにカサブタを作る

⑥そのカサブタが余計にコリを強める

⑦①〜⑥を繰り返す

こういう感じの流れが多いですね。

治すために行っていることが、逆に改善から遠ざかってしまう。非常に辛い現実です・・・

デスクワークが原因で起きる肩こりの軽減方法は?

前置きが長くなりましたが、デスクワークが原因で起きる肩こりの軽減方法をお伝えします!

まず、デスクワークの人は基本的に長時間椅子に座り、パソコン作業をしていることが多いです。

パソコン作業をしている時、キーボードを打つので手は体よりも前に出ている姿勢になりますよね?

これが実は、肩こりに影響を及ぼす姿勢なのです!

筋膜という言葉を聞いたことはありますか?

名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんね!

この筋膜というのは、簡単にいうと筋肉や骨などの組織を覆っている組織です。全身に繋がっていて電車の路線図のようになっています。

そして、デスクワークのように手をよく使う機会が多い人は、指〜肩にかけての筋膜に問題があります

イメージ的にいうと、洋服にできるシワのような感じですね。

つまり、指〜肩にかけての筋膜をシワがなく、綺麗な状態に戻せば肩こりが軽減するということです!

具体的な筋膜の整え方

①両手を真横に伸ばします。

②両手とも親指を隠すように拳を作ります

③②の状態で小指側に拳を倒します

④肩甲骨を内側にできる限り寄せて、③の状態をキープしつつ、外側に腕全体を回します

⑤④の状態で首をグルグルと回します

⑥これを15〜30秒ほど繰り返します。

これが指〜肩までの筋膜を、一気に整えるストレッチになります。

やってみるとわかると思いますが、これをやるとグーっと伸ばされて気持ちが良いんですよ(^ ^)

しかも、首の動きや肩の動きも良くなるので、ちょっとした隙間時間にやって頂くと良いでしょう(^ ^)

※伸ばされる感覚以外に、痛みを伴ったり・しびれが出た場合にはすぐに中止してください。

結論

デスクワークの肩こりは、指〜肩の筋膜を整えると軽減する。

こういったところですかね!

忙しいあなたでも手軽ででき、しかも再現性の高い方法なので是非ともやってみてくださいね(^ ^)

応援してます!

p.s. それでも肩こりが軽減しない方はこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。