巷で流行りの猫背矯正について

巷で流行りの猫背矯正について
Pocket

この記事の所要時間: 326

巷で流行っている猫背矯正。

 

いろいろな治療院でも、猫背矯正を取り入れるところが増えているように感じます。

 

そんな猫背矯正は一体どうなのか?について書いていきます!

猫背矯正について

猫背を気にする人は意外にも多いです。猫背はたしかに、見栄えも良いとは言い難いですね(^^;;

 

その悩みを解決するために、猫背矯正を受けようとお考えの方も多いはずです。

 

そんな猫背矯正ですが、効果はあるのでしょうか?

 

僕が個人的に考えるのは、背骨だけにアプローチしても微妙な効果しかないと思います。

 

むしろ、背骨をまっすぐにしようとするのは、危険だと言えますね!

背骨をまっすぐにするのは危険?

たしかに、猫背が良い姿勢かどうかというと、カッコイイ姿勢とは言えないでしょう。

 

でも、良い姿勢=背骨をまっすぐにすることだと捉えると、ちょっと危険ですね(^^;;

 

どうして、背骨をまっすぐにするのはいけないのか?

 

それは、人間本来の構造ではないからです。

人間の背骨は・・・

横から見ると、S字のカーブを描いていると言われています。

 

ちなみに、こんな感じです。

 

で、世の中にある大半の猫背矯正は、背骨の丸まった部分に対して、調整をかけることが多いです。

 

もちろん、丸まった場所への矯正も必要かと思います。しかし、丸まった部分のみに矯正をかけても、すぐに戻ってしまうケースが多いです( ;  ; )

 

なぜか?

 

それは、猫背の問題が背骨だけとは限らないからです。

猫背の問題は背骨だけとは限らない?

人間には筋肉があります。

 

その筋肉が緊張を起こしていたり、逆に全然機能していなければ、骨格に問題が起きてきます。

 

よくある例で言うと、骨盤が前傾したり後傾する場合、太ももにある筋肉の牽引力によって引き起こされるケースが多いのです。

 

つまり、考え方としては骨盤と同じで、背中にある筋肉だけではなく、胸の筋肉や首回りの筋肉によって猫背が発生するケースがあるのです!

 

それを分かった上で行わないと、成果としては短期的なものしか望めないです・・・

自分でできること

丸まった背骨だけに注目するのは、あまり良い策ではありません。なので、目線を斜め上にするクセをつけることからやってみましょう!

 

頭の重さは1キロちょっとですが、頭が下に下がることで、常に首には負担が掛かり続けます。

 

首に負担が掛かると、その下の胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)、仙骨にまで影響が出ます。これらの影響が重なり合うことで、猫背は作られていきます。

 

なので、まず予防策としては目線を斜め上に上げることが重要です!

 

そのクセが付けば、筋肉にも余計な負担も掛からないので、結果的に猫背にもなりにくく、そして猫背も軽減してくるでしょう。

 

それでもダメなら、筋肉の緊張を緩めたり、逆に鍛えたりという感じの運動が必要でしょうね(^^;;

 

まずは、簡単なことから始めてみませんか(^ ^)?

結論

猫背は背骨だけが原因とは限らない。

 

こういったところですかね!

 

すぐには効果は出ないかもしれませんが、何もしないよりかはマシです。

 

まずは出来ることからコツコツとやってみて下さいね(^ ^)

 

応援してます!!

p.s. 当院のHPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。