猫背でお悩みのあなたへ

NO IMAGE
Pocket

この記事の所要時間: 714

今回は猫背についてお伝えします。

 

あなたにとって少しでもプラスとなれれば幸いです。

 

では、さっそく書いていきます!

 

猫背

あなたは猫背で悩んでいませんか?

 

横から見ると背中からくの字に曲がっていて

お世辞にもかっこいい姿勢ではないかもしれません。

 

ビジュアルを重視にしている人からすると

猫背はある意味コンプレックスだと思います。

 

僕は猫背とは無縁で逆に軍隊のような姿勢なので

周りからは羨ましがられます。

(胸板が厚いからそう見えるだけかもしれませんけど(笑))

 

今回はそんな猫背でお悩みのあなたに

知って欲しいことを書いてみます。

 

猫背とは具体的に何なのか?

猫背ってなんで猫背というのでしょうね?

別に犬背でも蛇背でも良いと思っちゃうのは

僕だけでしょうか?(笑)

 

一応、猫背にはこんな定義があるようです。

「主に胸椎の生理的後弯が許容範囲を超えた状態」

 

なんだか余計に分からなくなりますね(笑)

 

簡単にいうと胸椎というのは背骨の一部で12個

骨から構成されています。

 

この胸椎というのは横から見ると後ろ側に

倒れている構造をしていてこれを後弯(こうわん)

と医学的には呼びます。

 

この後弯の角度が強くなりすぎて猫のように

背中が丸まっているように見えることから

猫背と命名したみたいですね。

 

ちゃんとしてルーツがあったんですね(笑)

 

猫背によって起こる弊害とは?

一般的には肩こりなどの症状が生まれやすい

と言われています。

 

猫背になると胸椎が通常の位置にないので

頭を支えるのにすごく負担が掛かります。

 

この負担がずーっと続くことで肩こりなどの

慢性症状を生み出すそうです。

 

たしかに僕のところに来ていただいている

患者様も猫背で肩こりをお持ちの方が

いらっしゃいますので間違いではないでしょう。

 

あとは内臓への負担も指摘されます。

 

猫背によって体の前側にベクトルが働くので

内臓を圧迫して常にストレスを掛けてしまいます。

 

女性であれば生理痛などの症状を比較的に

起こしやすいですね。

 

こういったことから猫背は良くない!

という風潮があります。

 

ここであなたに考えて欲しいことがあります

あなたはこの記事を読んでみて

「猫背最悪じゃん・・・」

「やっぱ猫背直さなきゃダメか〜」

「意地でも猫背を治してみせる!!」

 

と思われたのではないでしょうか?

 

たしかに猫背は良い姿勢とは言えません。

見た目も良くないですし、体への負担も大きく

なるので避けたいと感じるのは分かります。

 

でも、少し視点を変えてみて欲しいのですが

そもそもあなたの今出ている症状って猫背だから

起きているのでしょうか?

 

もし仮に猫背が症状を作っているのなら

1日中胸を張った姿勢で過ごせばきっと今のお悩みの

症状も解決されると思います。

 

でも多くの場合、それでは解決されません。

 

何故か?

答えは簡単です。

そもそも猫背が主たる原因ではないからです。

 

猫背が原因とは限らない

猫背も度を越せば問題になるでしょう。

 

脊椎カリエスという結核による感染で起こる

病気は異常なくらいの猫背を作るのでたしかに

どこかしらの問題を作りかねません。

 

他にも老人4大骨折と呼ばれるうちの1つである

腰椎の圧迫骨折などで高度な変形を残してしまい

度を超えた猫背によるものだったら関係は

あるかもしれません。

 

でも、一般的に言われるような猫背によって

全ての原因が作り出されるのは稀だと思います。

 

よく思い出してみて欲しいのですが

あなたの周りにも1人くらいは猫背がすごい人って

いると思います。

 

でもそういう人たちって何かの症状に

苦しんでいる様子ってなくないですか?

 

そうなんです。

猫背だから症状が出ているわけではないのです。

 

でも、多くの専門家たちは

「猫背によって肩こりや腰痛が・・・」

 

みたいなことを言うのでそれを鵜呑みに

していまいますよね?

 

腰痛や肩こりに関して言うと猫背だから症状が

悪化するというエビデンスは存在しません。

根拠はどこにもないのです。

 

こういったことから考えると猫背だからダメだ!

という理論は破綻してしまいますね。

 

楽な生き方をモットーに

猫背を無理やり矯正したり、躍起になって

姿勢改善をしようとしても続かないですし

あまり理想的ではありません。

 

例えるなら・・・

偏差値が46くらいの生徒がなんの理由もなく

「偏差値を70にする!」

と思ってもその努力が3日くらいしか続かない。

と同じパターンです。

 

余計に分かりにくくなってしまいました(笑)

 

要は猫背を直したところであなたの症状が改善する

見込みはどこにもないということです。

 

ですので猫背を直そうとするのではなく、

猫背でも症状が緩和されるように心がけていくのが

得策ではないでしょうか?

 

はっきり言って猫背を治すのはかなり大変です。

時間を掛けて構築されているので体を再構築する

という作業が待っているからです。

 

しかも多くの方法は再現性に乏しく、治る見込みが

薄いので途中で挫折を味わい、どんどん卑屈に

なるので余計に症状も緩和しにくい状態になります。

 

こうなってしまっては元も子もないですよね?

 

なので猫背を治すよりも別の方法で今ある症状を

治していく努力をされた方が効率的ですし

成果が出やすいと思います。

 

わざわざキツく険しい道を行くよりも

楽な方法の方が良くないですか?(笑)

 

人生の基本は「楽」ですので

是非とも楽をモットーに生きていきましょう!

 

気がついたら猫背なんか気にならなくなりますし

もしかすると勝手に猫背が治っている。

そういうことも十分に有り得ます。

 

なので楽に生きていきましょうね!

 

結論

猫背が肩こりや腰痛の主な原因ではない。

 

こういったところですかね!

 

今回の話もあくまでも僕の持論です。

きっと他の治療家の先生方はこの記事を読んで

「そんなわけないだろ!!」

 

みたいに批判する人もいるでしょう。

 

でもそれも正解です。

いろいろな考え方があって良いわけで正解が1つ

だなんてことはないのです。

 

なのであなたがこの記事を参考にするも良いですし、

逆に一切参考にしなくても良いのです。

 

まずは自分で考えに考え抜いて答えを探して

みてください。

 

応援してます!

 

p.s. 当院のHPはこちら

 

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。