右肩の痛みに対する施術報告

右肩の痛みに対する施術報告
Pocket

この記事の所要時間: 440

「仕事してたら、右肩を痛めちゃって・・・」

 

新規の患者様で、鳶職をされている男性の方がいらっしゃいました。

 

今回は、右肩の痛みに対する施術報告を書いていきます!

重い物を持ったら右肩を痛めた

鳶職といえば、ザ・力仕事ですよね?

 

僕は見た目からか分かりませんが、「鳶の人ですよね?」と言われることがあります。期待外れで申し訳ありませんが、鳶職を経験したことは1秒もございません(笑)

 

そんな話は置いておいて、この患者様も想像通り、かなり力仕事をやりまくっているそうです(*_*)

 

足場を組むために、右肩に20kgは超える鉄の塊を持っていて、それを他の人に渡そうとした時に、右肩に痛みが出始めたそうです。

 

その時は痛かったけど、そこまで気にしなかったそうです。しかし、時間が経つにつれて痛みが増していき、当院に来院されました。

原因があって出る痛みは、ほとんどの場合ケガです

基本的に、何かした時に痛みが出る場合は、ほとんどのケースでケガをしていることが多いです

 

これを読まれている方の見解として、ケガ=骨折・脱臼・捻挫が思い浮かぶと思います。もちろん認識的には間違ってはいませんが、それ以外でもケガをするケースはあります。

 

今回の患者様のケースでは、突然痛めたかのように思いますが、実は疲労が蓄積された結果として起きています。

 

繰り返し疲労が度重なると、筋肉や靭帯の中にはカルシウムの成分が溜まります。カルシウム自体は、カラダに必要なミネラルです。でも、骨以外のところにカルシウムが溜まるのはNGなんですね(^^;;

 

カルシウムが筋肉の中に溜まると、筋肉は硬くなります。これは、カラダを守るための防衛反応のようなものですね!

 

筋肉が硬くなれば、当然動く範囲も狭まるので、今まで通りの使い方をすると、ケガをしやすくなります。

 

今回のケースはまさにそんな感じです。

 

繰り返しの疲労→カルシウムが溜まる→筋肉が硬くなる→その状態でいつも通り働く→カラダが耐えきれなくなってケガをする

 

こういうことから、この患者様をケガをしていると判断が出来ますね!(もちろん、その後も検査をして陽性でした)

 

ケガといっても、ガチガチに固定しないといけない程ではないので、そのまま施術をさせてもらいました。

 

その中でも、ある場所を調整したことで痛みがかなり軽減されました!

今回のキーマンは・・・

手の指でした。

意外に思うかもしれませんが、肩の痛みは指の調整をすると効果的なことが多いんです(^ ^)

 

筋膜という組織がカラダにはあります。主に筋肉を覆う膜のような組織です。筋膜は全体的につながっていると言われています。その中でも、特に強いつながりが幾つかあります。

 

今回の場合は、指〜胸にかけての筋膜のラインに問題がありました。

 

よく考えてみると、重い物を持つ時って指を使って持ち上げますよね?なので、指に関係する筋肉も相当な疲労が蓄積されていることが考えられます。

 

案の定、指に関係する筋肉もガチガチだったので、肩から離れた指を調整してみました。

施術後・・・

触っただけで痛かった右肩も、驚くくらい痛みがなくなり、びっくりされた様子でした(^ ^)

 

ただ、ケガをしている状態ですから、無理をすればすぐにぶり返す可能性が高いです。無理をするなというのは、難しいと思ったので、アイシングの方法と、水分の摂り方をお伝えして帰られました。

 

とりあえず、良くなって一安心でしたね( ^ω^ )

痛めたっぽいと思った時は・・・

まず、痛めた場所を氷水で冷やしてあげましょう!

 

アイシング自体に炎症を抑える効果はありませんが、痛みをコントロールするという点では効果的です。

 

なので、何かの拍子に痛めてしまった(物を持ち上げた時etc.)場合には、まずアイシングをするようにしてください。

 

目安として、氷水で20分冷やして20分間隔を空ける。これを最低でも、3セットは繰り返してあげましょう!

 

注意点として、保冷剤で冷やすのはやめておいて下さい。化学薬品が入っているので、凍傷を起こす危険性が高いですからね(*_*)

 

とりあえずそれで様子を見て、ダメなら医療機関にかかるようにするのがベストですよ(^ ^)

結論

右肩の痛みは、指を調整したら軽減した。

 

こういったところですかね!

 

ケガをする場面は、日常生活の中でも結構多いです。なので、筋肉をほぐせば大丈夫かな?と考えてマッサージを受けると、高確率で悪化します。

 

ご自身のカラダの声に耳を傾け、労わるようにしてあげましょうね(^ ^)

 

頑張ってください!!

p.s. 当院のHPはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。