肩を動かすと胸が痛いという方の症例(千葉県浦安市在住)

肩を動かすと胸が痛いという方の症例(千葉県浦安市在住)
Pocket

この記事の所要時間: 42

「肩を動かすと胸が痛いんです・・・」

 

とある患者様からご相談をされました。

 

あまり聞かない症状ですが、結構悩まれていた様子でした。

 

今回は肩を動かすと胸が痛い症例についてシェアしたいと思います!

 

肩を動かすと胸が痛いという肩の症例(千葉県浦安市在住)

40代男性、会社員の方です。

 

もともとは腰痛に悩んでおられてましたが、腰痛はかなり改善されたので今は月1ペースで来院されています。

 

そんな患者様(以下Nさん)が、先日来院された時に

 

Nさん:「腰痛は大丈夫なんですけど、なんか胸が痛いんですよね(^^;;」

 

最初は恋煩い?と思いましたが、僕じゃないので有り得ないですね(笑)

 

話を聞いてみると、1週間ほど前から仰向けで寝た状態で枕を直すような姿勢をすると、胸が痛いとのことでした。

 

場所的にいうと、胸肋(きょうろく)関節という場所に痛みが出ていました。

 

胸肋関節とは?

胸のど真ん中にある胸骨(きょうこつ)と、肋骨によって出来る関節をいいます。

 

胸骨と肋骨は胸郭(きょうかく)という構造をしていて、肺や心臓などの臓器を守る役割を果たしています。

 

呼吸をする時に、胸郭は膨らんだり縮んだりしますが、主に胸肋関節(他にもありますが割愛します)がその役割を担っています。

 

さらに、胸骨という骨はいろいろな場所とコンタクトをしていて、骨で言えば肋骨・鎖骨。筋肉でいうと、大胸筋・胸鎖乳突筋・胸骨舌骨筋・胸骨甲状筋・腹直筋・横隔膜

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、ざっくりいうと肩・首・発声・呼吸などに関わる重要な場所だということです!

 

首と大胸筋の緊張がものすごかった

Nさんは、首と大胸筋の緊張がものすごく強く、そのせいで胸肋関節の可動域が悪くなってしまい、痛みとして出てしまったのだと思います。

 

お仕事柄、重い荷物を運ぶことも多く、今の時期は特に忙しいともおっしゃっていたので、疲労が蓄積されてしまったんでしょうね( ;  ; )

 

それがわかったので、さっそく施術を開始しました!

 

普段であれば、ある程度絞って調整をかけますが、今回は複合的に悪い箇所が多かったので・・・

 

・指

・肘

・肩

・鎖骨

・胸骨

・肋骨

・頚椎

・骨盤

 

といった場所を調整しました。まさに全身矯正ですね(笑)

 

施術後・・・

どの動作を取っても痛みはないとのことでした!

 

首の可動域も良くなりましたし、腕の回旋動作も良くなったので、胸肋関節へのストレスも軽減されたと思います。

 

腕の使いすぎに注意??

今回のケースで分かったことは、腕の使いすぎには注意したほうが良いということです。

 

腕の使いすぎによって、カラダ全体に変なねじれを作ったり、他の部位への負担がかなり強くなります。

 

Nさんの場合は胸に症状が出ましたが、腰痛や肩こりなんかも大いに出ます。

 

もちろん、腕を使わないわけにはいきませんから、ある程度は無理をするのも仕方がありません。

 

ただ、腕だけに負担の掛かる動作は良くないので、カラダの使い方といいますか、正しい使い方を意識されたほうが良いと思います。

 

結論

腕の使いすぎで全身に影響を出すことがある。

 

こういったところですかね!

 

今回のケースは少しイレギュラーでしたが、なくは無い状態です。

 

胸骨や肋骨はあまり施術する先生も少ないですが、意外なことに原因となりやすい場所です。

 

もしかすると、これを読んでいただいている方の痛みの原因も、胸骨や肋骨に潜んでいる可能性があるかもしれません。

 

普段のカラダの使い方を間違えなければ、大丈夫だと思いますので、少しずつ意識して変えてみてください!

 

応援してます!!

 

p.s. 当院の情報は、こちらからご覧になれます!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。