股関節の痛みに対する施術報告!

股関節の痛みに対する施術報告!
Pocket

この記事の所要時間: 336

施術報告

自転車通勤じゃないので歩く機会が増えましたね〜(´Д` )健康には良いとは思いますが、やっぱり自転車に乗りたいので早いところ自転車の鍵をどうにかします(笑)

さて、今回は施術報告を書こうと思います!

股関節の問題

50代女性 右の股関節を痛めてしまった患者様です

どうやら信号が赤になりかけたので焦って全力で走った時に膝からグキっと痛めてしまったそうです。これはよくありますよね?僕も電車を乗る時はしょっちゅうこのパターンになりますし(笑)

この方の場合は何かの拍子に痛いというよりも、何かの動作を続けているとだんだん痛くなるという症状でした。そして表面的に出る痛みではなく、中のほうに痛みを感じるとのことでしたので関節の問題が大きいのでは?と仮説を立てました。

そしていわゆる怪我のような状態ですので、患部の問題を取り除こうと思い、股関節を調整かけました。

結果的には大まかな症状は取れましたが、残り2〜3の痛みが気になるとのことでしたので色々と調べてみました。そしたらこんな場所が今回のキーマンになったのです。

今回のキーマンになったのは・・・

恥骨結合(ちこつけつごう)という場所でした。女性の方は比較的馴染みのある場所ですね!出産の時に骨盤が開く原因の1つに恥骨結合の問題がありますからね。

ちなみに恥骨結合はこんな感じです。

ど真ん中の青い部分が恥骨結合です。ここを調整されたことは恐らくないのではないでしょうか??

マイナーといえばマイナーな恥骨結合ですが!ここは骨盤を評価する上ではかなり重要な場所なんです(^^)!

骨盤は輪っかのような場所?

骨盤は骨盤輪といって輪っかのような形を作っています。骨盤は筋肉がたくさん付着する場所なのでどこも大事なのですが、この輪っかを作るのに重要になってくるのが仙腸関節恥骨結合だと言われています。

この仙腸関節と恥骨結合がちゃんと機能すれば、骨盤もちゃんと機能します。

ただ恥骨結合は仙腸関節ほど話題にも登らないですし、何なら調整する意味あるの?みたいな感じで思われています( ;  ; )

しかし!!恥骨結合をバカにしてはいけません( ̄+ー ̄)恥骨結合が問題で起こる腰痛や股関節周囲の痛みは結構多いんです!

そして、今回のケースで恥骨結合が原因になったのも実は理由があります。

今回のケースでなぜ恥骨結合が問題になったのか?

急にダッシュをしたことで股関節周囲の筋肉が過剰に縮んだことが考えられます。そうすると筋肉の急激な収縮力は時に関節の位置をおかしくさせてしまいますので、この患者様はまさに捻挫のような状況になってしまいました。

で、股関節に問題があるとなると、その上にある骨盤にも必ず何かしら問題が出ます。案の定、痛めた側の骨盤は大きく前に出ていて若干ですが上の方に移動していました。ですので恥骨結合の位置関係がかなり狂ってしまいます。

さらに状態ですと仙腸関節と呼ばれる骨盤の関節にも影響が出ます。多くの場合、仙腸関節だけを調整して終わることが多いです。でも仙腸関節と同様に恥骨結合も大事な場所ですし、検査の段階で明らかに恥骨結合に問題がある感じでしたので恥骨結合の捻じれを取りました。

施術後は・・・

どの動作を取っても痛みは出なくなりました!そして可動域も正常になりましたし、体の使い方も正常になったのでひとまず安心しました(^^)

ご本人も意外な場所で症状が緩和したので驚いていました。骨盤矯正は受けたことがあったそうですが、従来の骨盤矯正ではまずやりませんからね(笑)

急激に走ったりするのは怪我のリスクが高いので、ゆとりを持つようにお伝えして施術は終わりました。

結論

恥骨結合で股関節の痛みが軽減した

こういったところですかね!

股関節に何かトラブルがある場合は、恥骨結合の調整で変わることが多いです。もちろんちゃんと評価した上でやらないといけませんが、筋肉だけを調整しても変わらないことが多かったです。

股関節は治療家の中でも施術の難易度が高いと言われています。ですので施術だけに頼らず、ご自身でも出来ることはやっていきましょう!Do your best!!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。