「国体選手になれました!」という嬉しい報告

「国体選手になれました!」という嬉しい報告
Pocket

この記事の所要時間: 48

嬉しい報告

もう気が付けば7月になりましたね!早く海開きにならないかを指折り数えて待ち続けています(笑)熱中症がそろそろ流行り始めるので気をつけましょう!

さて、今日は嬉しい報告がありましたのでそれについて書いていきます!

とある高校生のお話し

当院に来てくれている高校生の患者さんが、剣道で国体選手に選ばれたという報告をいただきました!いや〜国体選手になるってめちゃめちゃ凄いですよね!?これは本当に嬉しかったですね(^ ^)

そもそも国体って何だかご存知ですか?国体は国民体育大会の略なのですが、国体というのは県単位で戦う大会のことを言います。つまり県の代表として戦うわけですから、どれだけ狭き門なのかは想像が付くかと思います。

僕も柔道をやっている時に国体の予選などがありましたが、かすりもしなかったですね(^^;;

そんな国体選手に選ばれるくらい優秀なこの患者様ですが、実はちょっとしたドラマがあったのです。

スポーツ選手特有の◯◯

スポーツ選手が1番悩むところって何だと思いますか?

技術?筋力?コンディション?

諸々の要素としては考えられますが、僕が個人的に思うのはメンタルの問題です

何かスポーツをされていた方は何となくお分かりになるかと思いますが、試合前の緊張感って半端じゃないですよね?稀に全く緊張しない人もいますが9割の人は試合前になると非常に強い緊張を感じると思います。

これは人間である以上仕方がないですね。「失敗したらどうしよう」「迷惑をかけたらどうしよう」「勝てるのかすごい不安」「試合に出るのが怖い」など、いろいろな感情が湧いてきます。

この患者様も同じでした。やっぱり試合前になると自分に自信が持てなかったり、不安や恐怖感が非常に強くなってしまい、本来の持っている実力が発揮できないことが多かったそうです。

メンタルが体に及ぼす影響力

ここで疑問に思うかもしれませんが、どうしてメンタルが不安定だと体にも影響が出てしまうのか?

これについては様々な説がありますが、まず言えることは脳機能が正常ではないことが考えられます

恐怖や不安を感じると脳にある扁桃体(へんとうたい)という部分が活性化されます。扁桃体が活性化すると、理論的に物事を考えたり、正常な判断を下すのに欠かせない前頭葉(ぜんとうよう)という場所の機能が低下します。

冷静な判断が出来ないということは、つまるところ集中力が欠けている状態です「負けたらどうしよう」と思っている時点で神経の親玉である脳が正常に働かないので、末梢の組織にも十分な電気信号を伝えることが出来なくなります。

こういったこと諸々のことを考えるとメンタル面を安定させることは大事になってくるのですね!

必殺技を伝授しました

かなり自信がなさげな感じだったので、メンタルを正常に保つための必殺技を伝授しました。この方法はPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの重症疾患にも使われる方法です。

教えて実践してもらった直後は「何かやれそうです!!」と語気を強めていたのが印象的でした(^ ^)

国体予選の前に何個か別の試合があったのですが、この患者様は非常に伸びやかにプレーが出来たのでチームはともかく自分自身は良い試合ができたという感想をもらいました。

それが評価につながり、国体予選に出場できて、晴れて国体選手になれたという感じですね( ^ω^ )

今回のことで学んだこと

僕がやったことはほんのちょっとのことです。

僕と出会うまでにこの患者様が必死に練習してきた結果であって、僕の手柄であるとか僕がいたから国体選手になれたという感情は一切ありません。

ただ、僕もこの患者様同様にメンタル面で悩んだことがありました。何をやってもダメな時もあって本当に腐ってしまった時もありました。

ですのでこの患者様の気持ちが痛いほど分かるんですよ(^^;;僕は選手としては全然活躍できませんでしたが、頑張る選手たちに何か1つでも役立つことを伝えたい!という想いがあったのでお節介をした感覚ですね。

そして今回改めて学んだのは、人間は不安や恐怖を乗り越えることが出来るということです

どんなに困難だと思っていることでも、冷静に考えて対処すれば乗り越えられるということを学ばせていただきました。

結論

国体選手になってくれて本当によかった

こういったところですかね!

国体選手になったということは、全国の猛者達との死闘が待っています。一筋縄では行かないと思いますが、悔いを残さず楽しんで試合をして欲しいと思います(^ ^)

そして、もしメンタル面を安定させたい・体を効率よく使えるようになりたいという想いがありましたら一度ご相談ください。

解決できるようにお手伝いさせていただきます( ´ ▽ ` )ノ

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。