10〜15分座ると足が痺れる患者様の施術報告

10〜15分座ると足が痺れる患者様の施術報告
Pocket

この記事の所要時間: 46

施術報告を始めました

最近は寒いのやら暑いのやら分かりにくい気候が続きますね(/ _ ; )意外と風邪を引いている方もいるのでお互いに気をつけましょう!

さて、今日は施術報告をしていきたいと思います!

施術報告は実はあまり好きではなかったんです(笑)

実を言うと、僕はあんまり施術報告って好きじゃなかったんです。

「じゃあ書くの止めれば( *`ω´)?」と言われたらそれまで何ですけど(笑)

でも、患者様の何人かの方に「事例とか載せてあったら安心するかも!」と言われました。たしかに、この院にはどういう症状の人が来ててどういうことをするのかって気になりますよね?

ですので少しでも不安を解消するキッカケになってもらえれば幸いです!

今回ご紹介する症例

20代の男性、10〜15分座ると腰〜足先まで痺れが出る+腰を反ると痛みが出るという訴えでした。

色々とお話を聞くと、仕事柄重い荷物を持ち運びしたり、運転時間が長いのでそれが原因かもしれないという見解になりました。

検査をしてみると全体的な体の可動域が硬かったです(/ _ ; )よほど体を日々酷使しているのだと思いました。

さらに細かく神経の状態、背骨の動き、骨盤の動き、股関節の動き、筋力の検査などを一通り行った結果、原因箇所が特定しきれないくらい色々な場所が原因になっていました(笑)

その中でも特に気になった場所、それは・・・

梨状筋(りじょうきん)という筋肉でした。聞いたことはありますか?ちなみに梨状筋はこんな筋肉です。

青い部分が梨状筋という場所になります。この筋肉といえば坐骨神経痛にめちゃめちゃ関係する筋肉として有名です!ですので忘れてはならない筋肉の1つですね。

今回のこの患者様のケースでは梨状筋付近の筋肉の硬さがあり、坐骨神経に何かしらの影響を与えていたことが分かりました。ですのでまずは梨状筋を元の状態に戻す方法を行いました。

すると、それだけでもかなり症状は軽くなり、めちゃめちゃ軽い!という感じで喜ばれていました。

しかし!ここで終わってしまったら意味がない!!

多くの場合、その場で痛みが取れたら終わりにするケースが多いです。しかし、肝心なのはどうしてそこに症状が出ているのか?ということです。

普通にしていれば痛みが出ることや痺れることなんてないです。でもそれが現状で起きているということは、確実に体の使い方に問題があるとも言えます。

梨状筋という筋肉は股関節の安定をサポートする筋肉です。ということは梨状筋に問題があるということは、股関節周囲にも問題があるので、股関節周囲を整え、よりよい体の使い方を脳に思い出させる必要があります。

そこで!今回の肝となったアプローチは、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という太ももの前の筋肉でした。

大腿四頭筋が股関節の硬さを作っていた

ちなみに大腿四頭筋はこんな筋肉です。

主に膝を伸ばしたり、股関節を曲げる働きを持っています。

では、そんな足の痺れと関係なさそうな大腿四頭筋が肝となったのでしょう?理由としてはお仕事の姿勢に問題がありました。

荷物を配送するお仕事だそうですので基本的に座った姿勢が多いです。そうなると、股関節って常に曲がったままになりますよね?この姿勢こそが大腿四頭筋が硬くなってしまう原因の1つになります。

このせいで反り腰になり、骨盤も前傾するので股関節周囲の筋肉がきちんと使われていない状態になるのです。

こういった諸々の問題があるので大腿四頭筋をケアすることにしました。

施術後は・・・

さらに症状が軽減され、「こんなに体が軽い時なんていつぶりだろう・・・」と言われていたのが印象的でした(^ ^)

施術後1時間以上座ったまま食事を取っても全く問題がなかったようです( ^ω^ )!

こういう場面に立ち会えるのも、治療家ならではの良さではないかと思いますね(/ _ ; )

しかし、施術だけでは不十分なこともあるので、きちんとしたセルフケアの方法もお伝えさせていただきました。こういった地道なケアもエネルギッシュに働くためには必要です。

是非とも痛みのない生活を送って欲しいですね!

結論

梨状筋と大腿四頭筋を調整して症状が軽減した

こういったところですかね!

施術というのは痛みを取っておしまい、ではないんですね。痛みだけを取るなら痛み止めを飲んだほうが確実に早いですし、そちらのほうが安価に済むでしょう。

そうではなく、どうしてそこに痛みが出たのか?という部分を追求して、1から作り直していく作業が大事なんです。そのほうが痛みが戻るケースも減りますし、施術の期間も大幅に広げることができます。

是非とも根本的な解決を目指して頑張ってください!

Pocket

The following two tabs change content below.
濱口 康平
整体院 柳華-Ryuka-院長、柔道整復師、古和釜柔道クラブ責任者。 筋トレをこよなく愛し、日々自分を追い込み続けている。 徒手療法、解剖的知識はオタク並に詳しい。